• 新色溢れるFarrow&Ballのエキシビジョンを開催
    ファッションも家も自分らしい色を楽しむ時代へ

  • 2024.2.04,

  • 先週、南青山にて『THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる』と題したエキシビジョンを開催し、200名以上のお客様がいらっしゃいました♪

    ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

     

     

    先日開催されたFarrow&Ball新色リリースイベント会場

     

     

    今回のエキシビジョンでは、Farrow & Ballがアメリカのファッションデザイナー Christopher John Rogersとコラボした新コレクション『Carte Blanche』の新色12色や壁紙3柄を会場内に大胆にスタイリングしたり、ファッションと色をテーマにしたトークショーなどが行われたので、その様子をご紹介します^^

     

    Farrow & Ballの新コレクション『Carte Blanche』はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」のページはこちらからどうぞ

     

     

    先日開催されたFarrow&Ball新色リリースイベント会場 / Stripの壁紙が並ぶバーカウンター裏

     

     

    「一歩足を踏み入れただけで、ワクワクした気持ちが止まらなくなってしまう!」という声も多数いただいたこの空間は、No. CB6 Raw Tomatilloという楽しげなトーンの緑の塗料とストライプの壁紙でゲストの皆さんをお迎えします。

     

     

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」より / 塗料:No.CB6 Raw Tomatillo 壁紙:Stripe 6102

    FARROW & BALL / 塗料:No.CB6 Raw Tomatillo 壁紙:Stripe 6102

     

    この色はChristopher John Rogersさんのお祖母様が作ってくれたフライドグリーントマトの色がインスピレーションになっているのだそうです。

     

     

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」のカラーチャートが並ぶコーナー

    FARROW & BALL / 塗料:No.CB6 Raw Tomatillo / 真ん中はCarte Blancheの新色12色

     

     

    このように、今回の色はChristopher John Rogersさんの小さい頃の食べ物の記憶が色濃く反映されたCarte Blancheは、Farrow & Ballの中では珍しいほどカラフルで鮮やかなトーンが多めですが、どこか懐かしさを感じるようなレトロでこっくりとした雰囲気を纏う色が揃います^^

     

    エキシビジョンも、ediblecolours(食べる色)をテーマに作り込みました。

     

     

    Carte Blanche No. CB7 LobsterCarte Blanche No.CB6 Raw Tomatillo


    Carte Blanche No. CB11 Blue MaizeCarte Blanche No. CB5 Cardamom


     

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」より / 塗料:No. CB4 Romesco 壁紙:Dot 5902

    FARROW & BALL / 塗料:No. CB4 Romesco 壁紙:Dot 5902

     

    トイレ・洗面スペースで使われた少し黄みがかった赤 Romescoも、昔からスペイン料理で使われているロメスコソースが由来となっていているだけあって「キツい」という印象よりも、どこか懐かしさを感じるトーン。

    訪れるゲストの皆さんもトイレ前に行列を作って並ばれるほど、こちらのスペースの写真をたくさん撮られていました^^

     

    他にも会場のバーカウンターでは、今回の『THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる』をテーマにしたフードやドリンクも!

    どれも食べたり飲んだりするのが惜しいくらいの素敵な色ばかりでした♪

     

     

    「THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる」にちなみ、会場には新色をイメージした美味しい色が / 身体に良い素材ばかりで作られたスムージー

     

    「THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる」にちなみ、会場には新色をイメージした美味しい色が並びました「THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる」にちなみ、会場には新色をイメージした美味しい色が並びました


    「THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる」にちなみ、会場には新色をイメージした美味しい色が並びました「THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる」にちなみ、会場には新色をイメージした美味しい色が並びました


     

    そんな色とりどりのフードを楽しみつつ訪れた皆さんが一番写真を撮っていらしたのが、こちらの正面のメインスペース。

     

     

    会場の中でも一際目を引くコーナー / FARROW&BALL 塗料:(上)No. CB7 Lobster(下)No. CB11 Blue Maize

    FARROW & BALL / 塗料:(上)No. CB7 Lobster(下)No. CB11 Blue Maize

     

    冴えた水色も深みのある下のブルーのバイカラーがとても爽やかで目を引きますよね^^

     

    食べ物とブルーってイマイチ連想しにくい組み合わせですが、上の色はアメリカのルイジアナ州でよく獲れるロブスターから、下の色はニューメキシコなどで獲れるとうもろこしのブルーコーンからインスピレーションを得ている色なんです。

     

     

    一際目を引いたテーブルコーディネート。Carte Blancheの壁紙をテーブルランナーとお皿の上のナフ代わりに。

     

     

    テーブルランナーやナフキンも新柄のDotとStripeからブルーのものを選んでスタイリング。

    会場内のあちこちに飾った鮮やかなたくさんの黄色のお花がより一層この空間を引き立ててくれているようです^^

     

    なお、このスペースでは2日関連続で、スペシャルゲストの元VOGUE JAPAN編集長で渡辺三津子さんとカラーワークス副社長の秋山千恵美トークショーも行われました。

     

     

    大盛況だった元VOGUE JAPAN編集⻑ 渡辺三津⼦さんとカラーワークス副社長 秋山千恵美のトークショー

     

     

    テーマは、もちろんファッションと色について。

    渡辺さんのお話の中でも特に印象的だったのが、「服は直感で選ぶのにインテリアは色々考えすぎて無難になってしまう。”壁に洋服を着せる楽しさ”や”着替える楽しさ”がインテリアにもあってよい。」ということ。

     

     

    大盛況だった元VOGUE JAPAN編集⻑ 渡辺三津⼦さんとカラーワークス副社長 秋山千恵美のトークショー

     

     

    「ファッションもインテリアも自分を表現するものなので、自分に似合う色、自分らしい色を知るのは大切。ファッションもインテリアも楽しんでほしい。」ともお話しされていましたが、この『楽しむ』という感覚がとても大事なんだと思いました。

     

    家は、そこに住まう人たちだけの大切な空間です。

    教科書通りじゃなくてもいいですし、人と同じじゃなくてもいいんです。突拍子も無い色を使ったって、自分たちが楽しくなったり、心地良いと感じればそれでも良いんですよね^^

     

     

    大盛況だった元VOGUE JAPAN編集⻑ 渡辺三津⼦さんとカラーワークス副社長 秋山千恵美のトークショー

     

     

    渡辺さんは他にも、「海外と比べても、日本のインテリアは可能性がまだまだたくさんある分野だ」ともお話しされていました。

    こんな心強い言葉を聞けるなんて!

     

     

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」より / 塗料:No.CB6 Raw Tomatillo 壁紙:Stripe 6102

     

     

    皆さんがもっともっとワクワク楽しめるようなインテリアで過ごせるように、色と塗料と壁紙で私たちも一緒に未来のインテリアを探すお手伝いをさせてくださいね♪

     

     

    Carte BlancheをはじめFarrow&Ballの色で暮らしを楽しみましょう!

     

     

    さて、次回のブログはこの『THE HOUSE OF FARROW & BALL 〜 色を食べる』の最終日に&Classyさんとコラボレーションした様子をご紹介します。そちらもお楽しみに!

     

     

    Farrow & Ballの新コレクション『Carte Blanche』はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色・新柄コレクション「Carte Blanche」のページはこちらからどうぞ

     

    Carte Blancheのカラーチャートや壁紙サンプルをご希望の方はこちらからどうぞ

    カラーチャートや壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

  • [後編] テクスチャーペイントで大理石や鉄材も?!
    クールかつ高級感を演出する類稀な意匠性塗料

  • 2023.7.23, , , , ,

  • 塗装の常識を変えてしまうくらい、他の材質そっくりに仕上げられたり、美しく高級感のある陰影を壁に作り出すことができる意匠性の高いテクスチャーペイント。

    前編・後編に渡り、カラーワークスのテクスチャーペイントから大人気のテクスチャーペイントを7つご紹介していますが、今回は大理石や鉄材のような風合いまでもリアルに表現できてしまう3つの意匠性塗料をご紹介します。

     

    前編はこちら:

    [前編] 塗装の常識を覆すテクスチャーペイント!高級感を演出する大人気の意匠性塗料を徹底解析

     

    —————

    5.ラグジュアリーな雰囲気をもたらす大理石風塗装『メテオレ10 マルモリザート』

    6.クールで重厚感のあるインテリアを演出するサビ調塗装『クロンダイク

    7.まるで鉄材!メタリックやパールが作りだす複雑なテクスチャーの濃淡が鉄材風塗装『メテオレ8』

    お問い合わせ・ショールームのご予約

    —————

     

    5.ラグジュアリーな雰囲気をもたらす大理石風塗装『メテオレ10 マルモリザート』

     

    メテオレ10 マルモリザート Rif.159

     

    メテオレ10 マルモリザート / Biancoメテオレ10 マルモリザート / 171


    メテオレ10 マルモリザート / 158メテオレ10 マルモリザート / 159


     

    この上ない高級感を感じさせる大理石のような風合いを意匠性の高いテクスチャーペイントで作り出す『メテオレ10 マルモリザート』。

     

    流れるような大理石特有のマーブル柄や艶やかな質感をもつメテオレ10 マルモリザートの塗装面を実際に目にしたり触ってみた方たちは、誰もが水性塗料とは思わず驚かれるくらい美しい仕上がりになります。

     

    繊細かつ上質なラグジュアリー感を醸し出せるため、シーンを選ばず使うことができますし、本物の大理石では施工することができない円柱やRの壁にもおすすめです。

     

    大理石のようなメテオレ10 マルモリザートをもっと詳しく知りたい方はこちら

     

     

    6.クールで重厚感のあるインテリアを演出するサビ調塗装『クロンダイク』色数:66色

     

    クロンダイク 色数:全66色

     

    クロンダイク 色数:全66色 / 426Aクロンダイク 色数:全66色 / 453A+G100


    クロンダイク 色数:全66色 / 453A+G200クロンダイク 色数:全66色 / 425A


     

    鉄材は鉄材でも、キラキラとした質感ではなく鈍く落ち着きのある金や銀、サビ調の風合いを表現できるのが屋内塗料『クロンダイク』。

     

    鍛造された貴重な金属チップが含まれているため、独特の重厚感やクラス感を感じさせることができるので、高級感を感じさせたい空間からクールでおしゃれな空間まで、個性的でコンテンポラリーな印象をもたらしてくれます。

     

    サビ調塗料のクロンダイクをもっと詳しく知りたい方はこちら

    クロンダイクの詳細はこちら

     

     

    7.まるで鉄材!メタリックやパールが作り出す複雑なテクスチャーの濃淡が鉄材風塗装『メテオレ8』

     

    メテオレ8

     

    メテオレ8 / RIF.40メテオレ8 / RIF.32メテオレ8 / RIF.27


    メテオレ8 / RIF.30メテオレ8 / RIF.51


     

    パキッとした煌めきとシャープさを感じる鉄材のような表面が特徴的なメテオレ8。

     

    際立つ意匠性は、メテオレ8の塗料に含まれるメタリックやパールによるもので、塗膜の凹凸感や複雑なテクスチャーはまるで壁そのものを独創性の高いアートのように見せてくれます。

     

    壁一面でもインパクトがあり、シンプルでモダンな空間のフォーカルポイントとしてぴったりなテクスチャーペイントと言えるでしょう。

     

    メタリックやパールが生み出すテクスチャーが印象的なメテオレ8をもっと詳しく知りたい方はこちら

    メテオレ8の詳細はこちら

     

     

    お問い合わせ・ショールームのご予約

    このほかにももっと様々な意匠性の塗料がございます。

    「こんな塗装仕上げを探している」「こんな質感の塗装がしたい」など、塗装のことで何かお困りごとやご要望がございましたら、お気軽にカラーワークスへお問い合わせください。

     

    カラーワークスでは、プロの方からもよくご相談をいただきますが、下記のような悩みをお持ちの方は、お問い合わせを。

     

    ・お客さまに意匠性塗料のご提案をしたいという設計様

    ・お客さまに意匠性塗料のご提案をしたいという方

    ・ほかの会社との差別化を図りたい方

    ・意匠性の塗装を学びたい方

     

    意匠性の高いテクスチャーペイントをお探しの方はこちらからお問い合わせください

    テクスチャーペイントや塗装の施工工事のお問い合わせはこちらからどうぞ

     

     

    塗装工事の相談や実際のサンプルを見たいという方は、ショールームご予約をどうぞ。

     

    東京ショールーム

    東京ショールームのご来店予約はこちら

     

    神奈川ショールーム

    神奈川ショールームのご来店予約はこちら

     

    神戸ショールーム

    神戸ショールームのご来店予約はこちら

     

     

    テクスチャーペイントの後編はいかがでしたでしょうか。

    後編は、前編に比べてより個性が際立つ意匠性の高いテクスチャーペイントが多かったですね^^

    壁一面だけでも取り入れると空間が引き締まり、インテリアの空気を変えてくれる力のある水性塗料ばかりです。

    「インテリアに、何かもう一工夫施したい」とお考えになっている方は、ぜひお問い合わせください。

     

    前編はこちら:

    [前編] 塗装の常識を覆すテクスチャーペイント!高級感を演出する大人気の意匠性塗料を徹底解析

     

     

     

  • [前編] 塗装の常識を覆すテクスチャーペイント!
    高級感を演出する大人気の意匠性塗料を徹底解析

  • 2023.7.23, , , , ,

  • 実際に触ってみても区別がつかないほど、本物の石材や鉄材を使った壁のように見えてしまうテクスチャーペイントがあるのをご存知ですか?

    実は新時代の水性塗料には、塗装の常識を変えてしまうくらい他の材質そっくりに仕上げられたり、水性塗料で仕上げたとは思えないほど美しく高級感を感じさせる意匠性の高いものがあり、最近人気を集めています!

    今回は、カラーワークスでも人気の高い7つのテクスチャーペイントを[前編・後編]の2回に渡りご紹介します。

     

    後編はこちら:

    [後編] テクスチャーペイントで大理石や鉄材も?!クールかつ高級感を演出する類稀な意匠性塗料

     

    —————

    高級感 のある空間が手に入る、意匠性 の高いテクスチャーペイントとは

    1.まるでスエードのような質感!スエード塗装『バルレンナ』

    2.滑らかなシルクの如く、繊細な煌めきと質感をもつメタリック塗装『モアレ』

    3.セメントにしか見えない?! リアルな質感を再現するモルタル調塗装『メテオレ10セメント』

    4.アーティスティックな空間の装飾が美しいスタッコ調塗装『ロココスタッコ』

    お問い合わせ・ショールームのご予約

    —————

     

     

    高級感のある空間が手に入る、意匠性の高いテクスチャーペイントとは

     

    建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / モデル gap / 使用塗料 バルレンナ

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / 物件:gap / 使用塗料:バルレンナ

     

    一般的に「塗装仕上げ」といえば単色でフラットな仕上がりのものが多いですが、セメントや石、錆のような風合いなど、塗装で仕上げたとは思えないほど様々な表情を壁に作り出すことができるのがテクスチャーペイント。

     

    特別な塗料や塗装方法を使って仕上げるものですが、環境や人に優しい水性塗料で安全なものですので、安心してお選びいただけます。

     

     

    建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / モデル gap / 使用塗料 モアレ Dark Roast コテ仕上げ

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / 物件:A-model / 使用塗料:モアレ Dark Roast コテ仕上げ

     

    なお、本物の石材などをインテリアに取り入れると高級感やグレード感のある空間づくりができたり、デザイン性が高く個性を際立たせることができます。

    ただ、高価格帯のものが多かったりメンテナンスなど気にかける点もあり、気軽には取り入れにくいのも確か。

     

    カラーワークスで取り扱うテクスチャーペイントを使うことで、こうした心配を解消できるのも嬉しいポイントです。

     

    ・塗装で仕上げたとは思えないほど本物に近く、高級感を感じる仕上がりになる

    ・水性塗料なので、色のバリエーションがとても多い

    ・質感や仕上げ方まで選ぶことができる

    ・意匠性やデザイン性が高いものが多く、個性際立つ空間づくりができる

    ・なんといってもメンテナンスがしやすい

    ・水性塗料なので、上からまた塗り直すことができる

     

    これから前編・後編に渡りご紹介するテクスチャーペイントは、いくつものテクスチャーペイントの中から人気の高い7つを選んだものです。

    どのタイプがご自分の好みにあうか、さっそく探してみましょう!

     

    意匠性の高いテクスチャーペイントをお探しの方はこちらからお問い合わせください

    テクスチャーペイントや塗装の施工工事のお問い合わせはこちらからどうぞ

     

     

    1.まるでスエードのような質感!スエード塗装『バルレンナ』色数:24色

     

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 gap / 使用塗料:バルレンナ

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 gap / 使用塗料:バルレンナ

     

    VALRENNA / 色数全24色 / 450-DVALRENNA / 色数全24色 / 450-A


    VALRENNA / 色数全24色 / 461-DVALRENNA / 色数全24色 / 425-A


     

    まるでスエードの生地のような質感を表現する意匠性塗料がスエード塗装の『バルレンナ』は、その美しい色合いと落ち着いた質感が一番の特徴で、空間に類稀な高級感とドラマチックな印象を演出することができる塗料です。

     

    その塗膜はソフトで優しい触り心地ですが、弊社従来品のスエード調塗料に比べ、擦り傷やひっかき傷に影響を受けにくく耐久性もアップ。

     

    少しの汚れなら完全乾燥後、柔らかいスポンジに水を含ませて、優しく塗装面を拭くことができるので、傷のつきにくいリビングや書斎、寝室などに向いています。

     

    スエード調に仕上がるバルレンナをもっと詳しく知りたい方はこちら

    バルレンナの詳細はこちら

     

     

    2.滑らかなシルクの如く、繊細な煌めきと質感を持つメタリック塗装『モアレ』色数:84色

     

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / 物件:ARTBOX / 使用塗料:モアレ Tavern

    写真提供:建築家 石本耀旭 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所様 / 物件:ARTBOX / 使用塗料:モアレ Tavern

     

    Moire 色数:全84色 / Fieldstone cbd627-10Moire 色数:全84色 / Tree Bark cbd677-8


    Moire 色数:全84色 / Brushed Silver cbd611-18Moire 色数:全84色 / Nightcap cbd648-21


     

    シルクのような滑らかな仕上りになるテクスチャーペイントは、メタリック塗装『モアレ』。

    繊細で上品な輝きをもたらし、「コテ」「ローラー」「刷毛」それぞれの仕上げ方によって、その質感は驚くほど変わります。

     

    防カビの性能を持つため、水拭きもできるなどメンテナンスに気を使わなくても良いのはポイントが高いでしょう。

    そのため住宅では、リビングや寝室のほか、洗面所やキッチンなどの汚れやすい場所でもOKですし、商業施設などでも意匠性の高いペイントとして幅広く使っていただくことができます。

     

    メタリック調に仕上がるモアレをもっと詳しく知りたい方はこちら

    繊細な煌めきを持つMoireの詳細はこちら

     

     

    3.セメントにしか見えない?!リアルな質感を再現するモルタル調塗装『メテオレ10セメント』

     

    メテオレ10セメント Rif.124

    使用塗料:メテオレ10セメント Rif.124

     

    メテオレ10セメント 色数:全28色 / Larga 123メテオレ10セメント 色数:全28色 / 122-RIGATOメテオレ10セメント 色数:全28色 / Compatto 122


    メテオレ10セメント 色数:全28色 / 131メテオレ10セメント 色数:全28色 / Levigato 121


     

    モルタル調に仕上がるメテオレ10セメントは、まるでセメントそのもののようなリアリティのある質感を再現する意匠性塗料で、仕上げ方次第で様々な表情を見せ、現代的なインテリアにもシックでスマートなインテリアにもマッチします。

     

    本物の石より㎡単価が安い商材で(㎡単価2万後半~4万の石を想定)、高級感を出すには金額とデザインのバランスがとても良い商材な上、塗料で作ることができるので石材では難しい小口やアール面にも対応可能です。

     

    モルタル調に仕上がるメテオレ10セメントをもっと詳しく知りたい方はこちら

    メテオレ10セメントの詳細はこちら

     

     

    4.アーティスティックな空間の装飾が美しいスタッコ調塗装『ロココスタッコ』色数:96色

     

    スタッコ調塗料 ロココスタッコ

    使用塗料:ロココスタッコ 448C

     

    ロココスタッコ 色数:全96色 / 499Dロココスタッコ 色数:全96色 / 471B


    ロココスタッコ 色数:全96色 / 456Bロココスタッコ 色数:全96色 / 449A


     

    昔から人気の高いスタッコ調塗装の『ロココスタッコ』。

    優れた色の安定性や高い通気性を持つロココスタッコは、歴史的な品格のある塗装面の強化することもできる塗料です。

     

    他のテクスチャーペイントと一線を画すのは、カラーバリエーション。

    ナチュラルな色合いだけでなく鮮やかさな色も多く揃っているので、住まいだけでなく店舗や事務所など公共性のある空間を華やかに彩ってくれます。

    アーティスティックで高級感のある空間をデコレーションするのに、ぴったりのテクスチャーペイントとなるでしょう。

     

    アーティスティックな仕上がりのロココスタッコをもっと詳しく知りたい方はこちら

    スタッコ調塗料『ロココスタッコ』の詳細はこちら

     

     

    お問い合わせ・ショールームのご予約

    このほかにももっと様々な意匠性の塗料がございます。

    「こんな塗装仕上げを探している」「こんな質感の塗装がしたい」など、塗装のことで何かお困りごとやご要望がございましたら、お気軽にカラーワークスへお問い合わせください。

     

    カラーワークスでは、プロの方からもよくご相談をいただきますが、下記のような悩みをお持ちの方は、お問い合わせを。

     

    ・お客さまに意匠性塗料のご提案をしたいという設計様

    ・お客さまに意匠性塗料のご提案をしたいという方

    ・ほかの会社との差別化を図りたい方

    ・意匠性の塗装を学びたい方

     

    意匠性の高いテクスチャーペイントをお探しの方はこちらからお問い合わせください

    テクスチャーペイントや塗装の施工工事のお問い合わせはこちらからどうぞ

     

     

    塗装工事の相談や実際のサンプルを見たいという方は、ショールームご予約をどうぞ。

     

    東京ショールーム

    東京ショールームのご来店予約はこちら

     

    神奈川ショールーム

    神奈川ショールームのご来店予約はこちら

     

    神戸ショールーム

    神戸ショールームのご来店予約はこちら

     

     

    さて、テクスチャーペイントの前編はいかがでしたか?

    意匠性の高いこの4つのテクスチャーペイントを見るだけでも、今までとは一味違った空間を作れそうですが、後編もぜひお楽しみに!

     

    後編はこちら:

    [後編] テクスチャーペイントで大理石や鉄材も?!クールかつ高級感を演出する類稀な意匠性塗料

     

     

     

  • 内装の特殊塗装講習を卒業の有限会社創美様が
    4/7(金)愛知県瀬戸市にショールームオープン!

  • 2023.3.19, , ,

  • カラーワークスが運営するプロ向けの講習の一つに、内装の特殊塗装の技術を習得できる人気の『VALPAINT テクニカル講習』があります。

    この講習を卒業した有限会社創美さんが、愛知県瀬戸市に特殊塗装 VALPAINTの質感や色をたっぷりご覧いただけるショールームをオープンされます^^

    今回は、そんなオープン直前の創美さんのショールームを先取りでご紹介します♪

     

     

    内装の特殊塗料の技術を習得できる『VALPAINT テクニカル講習』の詳細はこちら

    VALPAINTテクニカル講習の詳細はこちら

     

     

    ——————–

    1.特殊塗装で様々な表情を作り出していく創美のプロたち

    2.見所満載!オープン直前のショールームを拝見

    3.愛知県瀬戸市のショールームの場所・アクセス

    4.塗装とは思えない!サビ調からモルタル風塗装まで、内装の特殊塗装 VALPAINTとは?

    5.内装の特殊塗装の技術が習得できる VALPAINT テクニカル講習

    ———————

     

     

    1.特殊塗装で様々な表情を作り出していく創美のプロたち

     

    愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!


     

    内装の特殊塗装の技術を習得できるVALPAINT テクニカル講習の卒業生である有限会社創美さんは、外壁塗装や内装塗装、防水工事をされている塗装会社です。

    日本では外壁塗装ができる職人さんは多いのですが、内装の塗装となると極端に少なくなってしまうのが実情のなか、確かな技術と丁寧な仕上げと、お客様に沿ったご提案をしていらっしゃいます^^

     

     

    愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!

     

     

    なかでも、私たちのような塗料をご提供する立場にとって絶大な安心感があるのが、創美さんのホームページにも書かれているこの一文。

     

    「塗料の持っている性能を100%発揮することができるよう、塗料ごとに決められた手順をキチンと守って作業することを遵守しています。(有限会社創美様HPより)」

     

     

    愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!

     

     

    塗装職人さんは本当に様々な方がいらっしゃいますが、我流のやりなれた方法で塗装される方も少なくありません。

     

    ただ、VALPAINTのような特殊塗装をする場合、塗料の個性が非常に強いため下地や塗装方法などが必要以上に我流になってしまうとその良さを引き出しにくくなりますし、VALPAINTの風合いを求めているお客様の声に応えられなくなる可能性もあります。

     

     

    愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!

     

     

    そのため、カラーワークスではVALPAINT テクニカル講習を開催しており、この講習を受けたプロの職人さん以外VALPAINTはお取り扱いできないというルールがあります。

     

    逆にいうと、テクニカル講習を卒業された職人さんたちは、VALPAINTの良さを最大限に引き出せる塗装職人さんで、この塗料の個性や品質を求めているお客様に対して最高の空間をご提供できる方達ばかりなのです。

     

     

    愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!愛知県瀬戸市の有限会社創美さまのショールームが4/7(金)にオープン!


     

    上記でもご紹介しましたが、創美さんは企業としてそのような姿勢を持っていただけているうえ、確かな技術を習得されているため、私たちとしても大きな安心感があります^^

     

    4月にオープンするショールーム内ではたくさんのVALPAINTを使っていただいていますが、まるで塗装とは思えないような仕上がりの壁面を作り出しているので、愛知県や近県の方たちはぜひ足を運んで直接確認をしてみてください♪

     

     

    まるで塗装とは思えない!内装の特殊塗料 VALPAINT の詳細はこちら

    VALPAINTの詳細はこちら

     

     

    2.見所満載!オープン直前のショールームを拝見

     

    そんな創美さんの職人さんたちの技が集結したショールームですが、10種類のテクスチャーと1200種類以上のパターンが揃うVALPAINTの中から、これだけの種類を使っていただいています。

     

    Mavericks:入り口

    広い海でうねる波をイメージさせるペイント。光りが輝き、乱反射しているかのような効果をもつ。その魅力的な煌めきは多彩な色彩で表現され、心地よく洗練された空間を作り出す。

     

    Meteore10 Cemento:入口壁・柱壁・仕切壁

    セメントのようなリアリティのある質感を再現。仕上げ方次第で様々な表情を見せる。現代的なインテリアにも、シックでスマートなインテリアにもマッチ。

     

    Meteore8:キッチン

    まるで鉄材のような表面が特徴のメテオレ8。メタリックやパールが作りだす複雑なテクスチャーの濃淡が、モダンかつコンテンポラリーな空間を作り出す。

     

    Meteore10 Marmorizzato:キッチン

    大理石のような表情が表現できるテクスチャーペイント。繊細で上質な雰囲気を作り出せるため、シーンを選ばず使うことができる。モダンなインテリアが好きな方におすすめ。

     

    Klondike Light:キッチン

    塗膜にはキラキラと輝くゴールドやシルバーの鍛造された金属チップが含まれており、まるでベルベットのような質感を表現。独特のカラーとトーンでトレンド感のあるインテリアを作り出す。

     

     

    これだけの種類のVALPAINTが使われているなんて、ワクワクしてきますね!

    それでは、愛知圏瀬戸市にオープンするショールームの中を少し覗いてみましょう。

     

     

    様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム

     

    様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム


    様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム

     

    様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム


    様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム様々なVALPAINTの塗料が使われているオープン直前の創美様のショールーム


     

    いかがですか?

    ショールームの一部になりますが、これ全部特殊塗装で仕上げているものばかりなのです!

     

    セメントのようなものから海面の波のような風合いのものまで、塗装とは思えないものばかりで驚きの空間に仕上がっています。

     

    「塗装でここまでできるなんて!」と感じるお客様も多く、内装のコーディネートの幅がグンと広がるアイデアいっぱいのショールームとなっております。

    また、ショールームをオープンされたあと、改めてその全容をご紹介させていただきますのでお楽しみに!

     

     

    まるで塗装とは思えない!内装の特殊塗料 VALPAINT の詳細はこちら

    VALPAINTの詳細はこちら

     

     

    3.愛知県瀬戸市のショールームの場所・アクセス

     

    ショールームがオープンする場所はこちらになります。

     

    有限会社創美

    愛知圏瀬戸市市場町45-1

     

     

     

    車以外ですと、バス「長根」と「東長根」のちょうど間の場所です。

    さまざまなVALPAINTの風合いを探しに、ぜひ訪れてみてくださいね!

     

     

    4.塗装とは思えない!サビ調からモルタル風塗装まで、内装の特殊塗装 VALPAINTとは?

     

    VALPAINT_Meteore10Cemento

     

     

    上記でご紹介してきたVALPAINTは、モルタルやセメント、石材、サビ調、水面のような風合いまで、まるで塗装で仕上げたとは思えないほど、多彩な表情を作り出せるイタリアの内装の特殊塗料です。

     

     

    VALPAINT

     

    VALPAINT、テクスチャーペイントVALPAINT、テクスチャーペイント


     

    10種類のテクスチャーと1200種類以上のパターンをもち、高級感のある壁からスタイリッシュな壁まで幅広い表現が実現可能となります。

     

    塗装なのでメンテナンス性も高いですし、いつか模様替えをしたいなと思った時も、上から塗り重ねれば良いので安心です。

     

    また特殊塗装をする特別な塗料でありながら身体や環境に優しい水性塗料となっており、住宅だけでなく、店舗、オフィス、病院、ホテルなど、目的に合わせて選んでいただくことができます。

     

     

    VALPAINT Klondike

     

     

    一般の方はもちろん、設計さんやインテリアコーディネーターさんまでぜひ直接VALPAINTの風合いをご確認いただければと思います。

     

     

    まるで塗装とは思えない!内装の特殊塗料 VALPAINT の詳細はこちら

    VALPAINTの詳細はこちら

     

     

    5.内装の特殊塗装の技術が習得できる VALPAINT テクニカル講習

     

    VALPAINT テクニカル講習の風景

     

     

    2018年1月からスタートした VALPAINT テクニカル講習は、今まで出会ったことのない多種多様なデコレーションペイントからサビ調、モルタル風塗装などができる技術を身に付けていただくため、カラーワークスが職人の方に向けて開講したものです。

     

     

    VALPAINT テクニカル講習の風景VALPAINT テクニカル講習の風景


     

    講師は、イタリアで技術を習得したCOLORWORKSのペイントディレクターが担当。

    日本のホテルや住宅の内外装を、イタリアの新しいデコレーションペイントで仕上げる技術と応用方法を自分の技術にすることができます。

     

     

    VALPAINTテクニカル講習_集合写真

     

     

    短期で特別な技術を習得できるため、日本全国からたくさんのプロがご受講されています!

    有限会社創美さんのように他社との差別化を考えている方や提案の幅を広げたいというプロの方は、ぜひVALPAINT テクニカル講習をご受講ください

     

     

    内装の特殊塗料の技術を習得できる『VALPAINT テクニカル講習』の詳細&お申し込みはこちら

    VALPAINTテクニカル講習の詳細はこちら

     

     

  • Farrow&Ballから待望の新色11色が発表!
    環境を意識したネイチャーカラーが新登場!

  • 2023.3.03, , ,

  • このニュースを楽しみに待っていらっしゃる方も多かったのではないでしょうか。

    先日、環境に徹底して配慮した塗料や壁紙の製造で、サステナブルな家づくりを支える英国の老舗塗料ブランドFarrow&Ballから、新色11色が発表されました!

     

    Farrow&Ballの新色は、いつもファンだけでなく世界中のインテリア愛好家たちが注目をしているほど素晴らしい色が発表されるので、楽しみにしている人が多いのですよ^^

     

    今回はこの新色11色と、このタイミングで同時に30年ぶりに大幅リニューアルされたカラーチャートについてご紹介をします。

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

    ——————–

    1.サステナブルなFarrow&Ballがいまの時代に発表した新色

    2.環境を意識したネイチャーカラーが揃う新色11色

    3.30年間変わることのなかった塗料のカラーチャートが同時リニューアル!

    ———————

     

     

    1.サステナブルなFarrow&Ballがいまの時代に発表した新色

     

    環境を意識したFarrow&Ballの新色11色

     

     

    設立以来、最高の素材と伝統的な手法を使って生産を続けるクラフトマンシップを持ち続けているFarrow&Ball。

    環境に配慮した生産やリサイクル可能な材料の使用といった責任ある業務まで、品質を損なうことなく地球への影響を減らすことに尽力しており、その企業努力も世界トップレベルを誇ります。

     

    そんなFarrow&Ballが発表した新色は、環境を意識したネイチャーカラー。

    喜びや快適さ、さらにリフレッシュの瞬間などからインスピレーション得ており、心を落ち着かせる繊細な色合いからエネルギーを生み出すような色合いまで、お住まいを五感でお楽しみいただける色が揃いました♪

    Farrow&Ball独特の豊かさや色の深み、そして日光や照明光などの光に驚くほど繊細に変化する新色をお楽しみください。

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

     

    2.環境を意識したネイチャーカラーが揃う新色11色

    それでは新色11色をご紹介していきます!

     

     

    No.300  STIRABOUT(スターラバウト)

     

    FARROW&BALL No.300 STIRABOUT(スターラバウト)

     

     

    No.300 STIRABOUT(スターラバウト)

    Farro&Ballのニュートラルカラーは本当に豊かで、色数も多く、繊細な色味が揃っているのですが、この写真の壁に使用されているStiraboutもまた、人気色として多くの方に使っていただけそうな色です^^


     

    Stiraboutは、アイルランドで何世紀にもわたって好まれてきたアイルランド発祥のオートミールにインスパイアされた色になります。

     

    No.300 STIRABOUT(スターラバウト)FARROW&BALL No.293 JitneyFARROW&BALL No.25 Pigeon


    (左)FARROW&BALL No.300 Stirabout(中)No.293 Jitney(右)No.25 Pigeon

     

    少しのくすみと暖かさを感じさせる明るめのニュートラルカラーで、同じく温もり感のある赤みのベージュNo.293 Jitneyと濃淡を作っても素敵ですし、緑みを帯びたグレーのNo.25 Pigeonとあわせると洗練された雰囲気を醸し出してくれます。

     

     

    No.301  EDDY(エディ)

     

    FARROW&BALL No.301 EDDY(エディ)

     

     

    FARROW&BALL No.301 EDDY(エディ)No.301 Eddyは、スイマーたちが自然のジャグジーとして楽しんでいた海流の色からインスピレーションを受けて名付けられたグレイッシュなグリーンです。


     

    自然の水域で感じる水流やちょっとしたさざ波などの中で泳ぐワイルドウォータースイミングを丁寧に表現している色です。

     

    FARROW&BALL No.301 EDDY(エディ)FARROW&BALL No.292 TreronFARROW&BALL No.18 French Gray


    (左)FARROW&BALL No.301 Eddy(中)No.292 Treron(右)No.18 French Gray

     

    No.292 TreronやNo.18 French Grayのような緑みを感じるニュートラルカラーと合わせることで、穏やかでナチュラルな雰囲気をもたらしてくれるでしょう。

     

     

    No.302  TAILOR TACK(テイラー タック)

     

    FARROW&BALL No.302 TAILOR TACK(テイラー タック)

     

     

    FARROW&BALL No.302 TAILOR TACK(テイラー タック)Tailor Tackは、オートクチュールのアトリエで使われている鋲を打つ作業(日本でいうしつけ糸でしつける作業)を表現した色です。


     

    ピンクの中で最も淡く明るい魅惑的な色合いで、クリアな色ですが少しオレンジみを帯びているので暖かさを感じやすいピンクです。

     

    FARROW&BALL No.302 TAILOR TACK(テイラー タック)FARROW&BALL No.241 Skimming StoneFARROW&BALL No.204 Pale Powder


    (左)FARROW&BALL No.302 Tailor Tack(中)No.241 Skimming Stone(右)No.204 Pale Powder

     

    No.241 Skimming StoneやNo.204 Pale Powderとあわせると、明るく淡く可愛らしいスキームでやわらかな空間を作ることができます。

     

     

    No.303  TEMPLETON PINK(テンプルトン ピンク)

     

    FARROW&BALL No.303 TEMPLETON PINK(テンプルトン ピンク)

     

     

    FARROW&BALL No.303 TEMPLETON PINK(テンプルトン ピンク)Templeton Pinkは、ロンドン南西部にある築 240 年のジョージア様式の邸宅を数年かけて改装したときに、ダイニングルーム用に開発されたベージュピンクです。


     

    大邸宅のテンプルトンハウスは、建築当時この邸宅の持ち主がウェッジウッド社の創設者であるジョサイア・ウェッジウッドのためにデザインしたことで有名だったそうです。

     

    改修時、他のお部屋やホールなどにもFarrow&Ballの塗料がたくさん使われていますが、とくにこのTempleton Pinkは、ウェッジウッドの飾り額が引き立つよう作られたという歴史を感じさせる色になっています。

     

    FARROW&BALL No.303 TEMPLETON PINK(テンプルトン ピンク)No.300 STIRABOUT(スターラバウト)FARROW&BALL No.301 EDDY(エディ)


    (左)FARROW&BALL No.303 Templeton Pink(中)No.300 Stirabout(右)No.301 Eddy

     

    Templeton Pinkは、今回新色として一緒に発表されているNo.300 StiraboutやNo.301 Eddyとあわせることでより色の温もりが引き出され、リラックス感が増してくるでしょう。

     

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

    No.304  BAMBOOZLE(バンブーズル)

     

    FARROW&BALL No.304 BAMBOOZLE(バンブーズル)

     

     

    FARROW&BALL No.304 BAMBOOZLE(バンブーズル)

    炎のようなレッドは、もともと海賊の欺瞞を表現するのに使われた名前。

    冒険心にあふれ、どんな部屋にも喜びを与えてくれるのにぴったりなカラーです!


     

    Bamoozleはもともと「だます」「おちょくる」「いたずらする」「策略やお世辞でだます」という意味があることから、赤のいたずら心、楽しさ、エネルギーを現した色に^^

     

    FARROW&BALL No.304 BAMBOOZLE(バンブーズル)FARROW&BALL No.30 Hague BlueFARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)


    (左)FARROW&BALL No.304 Bamoozle(中)No.30 Hague Blue(右)No.310 Beverly

     

    エネルギッシュなBamboozleとNo.30 Hague Blueや同じく緑系統の新色 No.310 Beverlyのようなダークな色を合わせることで、アーティスティックな空間を演出してくれるでしょう。

     

     

    No.305  HOPPER HEAD(ホッパー ヘッド)

     

    FARROW&BALL No.305 HOPPER HEAD(ホッパー ヘッド)

     

     

    FARROW&BALL No.305 HOPPER HEAD(ホッパー ヘッド)Hopper Headは、縦樋(たてどい)の上部にある雨水を受けるための鉄製の素敵な容器にインスパイアされた黒とグレーの中間の色です。


     

    黒ほど強くないダークグレーのHopper Headは、壁に塗るのも素敵ですが、ドアや窓枠、棚などの建具にも使いやすく、ドラマチックな空間に仕上げてくれます^^

     

    FARROW&BALL No.305 HOPPER HEAD(ホッパー ヘッド)FARROW&BALL No.277 DimpseFARROW&BALL No.306 SELVEDGE(セルビッジ)


    (左)FARROW&BALL No.305 Hopper Head(中)No.277 Dimpse(右)No.306 Selvedge

     

    なかでも、クールで青みを感じるホワイトのNo.277 Dimpseや同じ新色で青みのグレー No.306 Selvedgeをあわせると、スマートで重厚感を感じるモダンな印象の空間となるでしょう。

     

     

    No.306  SELVEDGE(セルビッジ)

     

    FARROW&BALL No.306 SELVEDGE(セルビッジ)

     

    FARROW&BALL No.306 SELVEDGE(セルビッジ)

    「セルビッジ」とは、布の端のほつれを止めるクローズドエッジのことを指し、昔ながらのシャトル織機で織られた貴重なデニムから名付けられました。


     

    落ち着いた色味のブルーグレーで、新色の中でも人気の高いSelvedge。

    寝室などの空間に取り入れると、空間によく馴染み、綺麗な光の陰影を作り出してくれます。

     

    FARROW&BALL No.306 SELVEDGE(セルビッジ)FARROW&BALL No.289 Inchyra BlueFARROW&BALL No.305 HOPPER HEAD(ホッパー ヘッド)


    (左)FARROW&BALL No.306 Selvedge(中)No.289 Inchyra Blue(右)No.305 Hopper Head

     

    Selvedgeは、同じく既存のカラーの中で人気の高いNo.299 De Nimesを明るくした色味にあたり、No.289 Inchyra BlueやNo.305 Hopper Headとあわせると大人っぽくなり、洗練されたカラーコーディネートに。

     

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

    No.307  KITTIWAKE(キティウェイク)

     

    FARROW&BALL No.307 KITTIWAKE(キティウェイク)

     

    FARROW&BALL No.307 KITTIWAKE(キティウェイク)Kittiwakeは、明るい日光の下で見るにぎやかな海鳥(キティウェイク)の羽ばたく翼の内側の色からインスピレーションを得た、清涼感のあるブルーです。


     

    清涼感がありながらもほんの少しだけ黒を含んでいるので、こっくりとした穏やかさとリラックス感を感じさせてくれます。

    ステンレスなどとも相性が良いので、キッチンなどに取り入れるとすっきりした空間を作れそうですね!

     

    FARROW&BALL No.307 KITTIWAKE(キティウェイク)FARROW&BALL No.31 RailingsFARROW&BALL No.308 WINE DARK(ワイン ダーク)


    (左)FARROW&BALL No.307 Kittiwake(中)No.31 Railings(右)No.308 Wine Dark

     

    黒に程近い青に近い色合いのNo.31 Railingsや青紫寄りの新色のブルーであるNo.308 Wine Darkとあわせることで、爽やかながらもシャープさも感じるモダンな雰囲気をもたらしてくれるでしょう。

     

     

    No.308  WINE DARK(ワイン ダーク)

     

    FARROW&BALL No.308 WINE DARK(ワイン ダーク)

     

     

    FARROW&BALL No.308 WINE DARK(ワイン ダーク)

    Wine Darkは、詩人ホロメスの詩にも使われている言葉で、真夜中の空からインスピレーションを受けたスピリチュアルな濃紺。密な空間を演出するのに最適です。

     

    暗めのお部屋で使うとより深みを増し、キャンドルの光のもとで見るとグラマラスで大人っぽい特別な空間を演出してくれます。

     

    FARROW&BALL No.308 WINE DARK(ワイン ダーク)FARROW&BALL No.89 Lulworth BlueFARROW&BALL No.307 KITTIWAKE(キティウェイク)


    (左)FARROW&BALL No.308 Wine Dark(中)No.89 Lulworth Blue(右)No.307 Kittiwake

     

    同じ青系統のNo.89 Lulworth BlueやNo.307 Kittiwakeで濃淡をつくることで、統一感を感じさせつつ爽やかなリズム感をもたらしてくれることでしょう。

     

     

    No.309  WHIRLYBIRD(ワーリーバード)

     

    FARROW&BALL No.309 WHIRLYBIRD(ワーリーバード)

     

     

    FARROW&BALL No.309 WHIRLYBIRD(ワーリーバード)ワーリーバード(別名:ヘリコプターシード)と呼ばれる植物の種をご存知ですか?自然愛好家に親しまれている翼のような形の種で、Whirlybird​はここからインスパイアされました。


     

    まるで自然の中にいるような心地の良さを感じさせてくれ、朝の光のなかで明るく爽やかに空間を彩ってくれそうなグリーンです。

     

    FARROW&BALL No.309 WHIRLYBIRD(ワーリーバード)FARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)FARROW&BALL No.2010 James White


    (左)FARROW&BALL No.309 Whirlybird​(中)No.310 Beverly(右)No.2010 James White

     

    同じ新色でより濃い緑色のNo.310 Beverlyや、仄かに緑みを感じるホワイトのNo.2010 James Whiteとあわせると、まるで本物の植物や自然に囲まれたように感じる雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

     

     

    No.310  BEVERLY(ビバリー)

     

    FARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)

     

     

    FARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)

    No.306 Selvedge同様、新色の中でも人気が高く清涼感を感じるBeverly。

    どちらかと言うとやや暗めのグリーンですが、リアルな植物の色味にとても近い色です。


     

    ここ近年の世界のトレンドカラーでも植物や自然を連想させるグリーンがずっと入っていますが、Beverlyもまた家の中に外の自然の雰囲気を運んでくれるような色です。

     

    FARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)FARROW&BALL No.201 Shaded WhiteFARROW&BALL No.291 School House White


    (左)FARROW&BALL No.310 Beverly​(中)No.201 Shaded White(右)No.291 School House White

     

    少しオレンジがかったNo.201 Shaded WhiteやNo.291 School House Whiteとあわせることで、格式ばったBeverlyの印象が和らぎ、居心地の良い空間を作れます♪

     

     

    FARROW&BALL No.310 BEVERLY(ビバリー)

     

     

    ちなみに、この色はFarrow&Ballに最も長く勤務した今は亡きスタッフの一人に敬意を表して名付けられました。

     

    Farrow&Ballの色名には、他にもマーケティングのトップであるシャーロットさんから名付けられたNo.268 Charlotte’s Locksや色の専門家であるカラーキュレーターのジョアさんから名付けられたNo.226 Joa’s Whiteなど、スタッフの名前からつけた色がいくつか含まれているのです♪

     

    洗練されたカラースキームを提案したり、地球環境のことに熱心に取り組む姿勢も素晴らしいですが、スタッフや地元を大切にする暖かい企業であるところもFarrow&Ballが愛される一因なのですよ^^

     

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

    3.30年間変わることのなかった塗料のカラーチャートが同時リニューアル!

     

    30 年間変わることのなかったペイント色見本帳「カラーチャート」が同時リニューアル!

     

     

    今回、この新色の発表と共に、Farrow&Ballのペイント色見本帳「カラーチャート」のデザインが大幅にリニューアルされました。

     

     

    Farrow&Ballのペイント色見本帳「カラーチャート」のデザインが大幅にリニューアル

     

    裏面には、各色のカラーストーリーが記載されカラーコーディネートの一例が紹介されていたり、各色にあう「ホワイト」も一目でわかるようになったため、より色が選びやすくなっています♪

     

    新色が含まれたカラーチャートをご希望の方は、下のバナーからお申し込みください。

     

     

    Farrow&Ballのカラーチャートのご請求はこちら

    Farrow&Ballのカラーチャートのご請求はこちら

     

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

    Farrow&Ballの新色の詳細はこちらからどうぞ

     

     

     

  • 使いやすい? 難しい?! おしゃれな輸入壁紙を大解剖!
    Farrow&Ballの壁紙の取り入れ方

  • 2023.1.25, , ,

  • 突然ですが、輸入壁紙と聞くとどのようなイメージがありますか?

    大胆なダマスク柄から華麗な花柄まで、おしゃれなものが多い輸入壁紙。

    でも、「憧れるけど、ちょっと個性的過ぎて浮いてしまうのでは?」「どんな部屋に取り入れるとおしゃれになるのかわからない」「塗装とは違って工事をお願いするから失敗できない」と躊躇される声も。

    そこで今回は、輸入壁紙の中でも特に品質が高く、アートフルで、かつ取り入れやすいFarrow&Ballの壁紙をご紹介します!

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

    ——————–

    1.輸入壁紙をインテリアに取り入れるコツ

    2.輸入壁紙 Farrow&Ballの壁紙が支持される理由

    3.パターンひとつひとつに込められたストーリー

    4.ドアや家具、塗装した壁とのおしゃれなカラーコーディネート!

    5.こんな使い方があった!和室で魅せる輸入壁紙

    6.実物の確認は必須!無料で取り寄せられる輸入壁紙のサンプル

    7.リフォームやリノベーションの工事のご相談はこちら

    ———————

     

     

    1.輸入壁紙をインテリアに取り入れるコツ

     

    drawer style_N様邸 / FARROW&BALL(壁紙)TESSELLA BP3602(塗装)No.228

    drawer style様 N様邸 / FARROW&BALL(壁紙)TESSELLA BP3602(塗装)No.228

     

    おしゃれで印象的な柄が多い輸入壁紙ですが、なんの計画もなく広い壁面に貼ってしまうと、唐突感がでてインテリアの中でそこだけ浮いてしまうことがあります。

     

     

    FARROW&BALL(壁紙)Bumble Bee BP561

    FARROW&BALL(壁紙)Bumble Bee BP561

     

    せっかくおしゃれな輸入壁紙を貼ったのに!違和感なんて感じたくないですよね><

    でもせっかく輸入壁紙を使うなら、ちょっと大胆な柄にチャレンジしてみたい気持ちもあるでしょう♪

    そんな時は、トイレやウォークインクローゼット内などの狭いスペースに貼ってみるのはいかがですか?

     

     

    友紀建築工房 S様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Lotus BP2019

    友紀建築工房様 S様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Lotus BP2019

     

    いつも見える場所に貼っているわけではないのですが、扉を開けた時に見える光景は、何よりもその空間に特別感を与えてくれ、家の隅々まで大切にしたくなることでしょう。

     

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

     

    2.輸入壁紙 Farrow&Ballの壁紙が支持される理由

    Farrow&Ballの壁紙は、数ある輸入壁紙と比較してみてもちょっと特別です。

    創業当初から60年以上にわたり、ドーセットの自社工場で伝統的な技術を使って職人さんがハンドメイドで一枚一枚大切に製造しているので、毎回異なった表情と独特の素晴らしい風合いを生み出す壁紙です。

     

    使っている自社の水性塗料やベースとなる紙の素材も徹底して環境に配慮されており、揮発性有機化合物 (VOC)、鉛、水銀、ホルムアルデヒト、トルエン、キシレン、有害な 可塑剤なども、もちろん含まれていません。

     

     

    ナズナデザインオフィス_S様邸 / No.295 Sulking Room Pink / FARROW&BALL 壁紙 Lotus BP2071

    ナズナデザインオフィス様 S様邸 / FARROW&BALL (壁紙)Lotus BP2071o(塗装)No.295 Sulking Room Pink

     

    ちなみに、印刷用のインクで作られた壁紙を日当たりの良い壁面に貼っていると、どうしても壁紙の印刷のインクが日焼けてきてしまうものです。

     

    しかしFarrow&Ballの壁紙は、濃厚な顔料がふんだんに使われている自社の塗料で作っているので、経年変化に強く、美しい美観を長く保つことができるのです♪

    これもFarrow&Ballの壁紙が特別であるポイントのひとつですね^^

     

     

    友紀建築工房様 / FARROW&BALL(壁紙)Brocade BP3209

    友紀建築工房様 / FARROW&BALL(壁紙)Brocade BP3209

     

    繊細で風合いのある表情と独特の質感を保ったままウォッシャブル加工がされてもいるので、紙の素材でありながら水拭きができるなどメンテナンスもしやすいのも特徴です。

    どこをとっても高品質なので、どなたでも安心して使っていただくことができます。

     

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

     

    3.パターンひとつひとつに込められたストーリー

     

    H様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Ranelagh BP1847

    H様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Ranelagh BP1847

     

    Farrow&Ballの壁紙コレクションは、40 種類以上の豊富なデザインと 1,000 を超えるカラーバリエーションがあります。

     

    ストライプや幾何学模様、花柄やダマスク柄などFarrow&Ballの壁紙ならではのクリエイティブなパターンばかり!

     

     

    FARROW&BALL(壁紙)Wisteria BP2201(塗装)No.84 Green Blue / Hip(塗装)CW052W

    FARROW&BALL(壁紙)Wisteria BP2201(塗装)No.84 Green Blue / Hip(塗装)CW052W

     

    そのインスピレーション元は、古い文献やFarrow&Ballがあるイギリスドーセットの地域にある植物などがモチーフとなっており、どの壁紙も貼るとアートを飾っているかのような素晴らしいコレクションが揃っています。

     

     

     

    4.ドアや家具、塗装した壁とのおしゃれなカラーコーディネート!

     

    T様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Lotus BP2062(塗装)No.271 Brassica No.254 Peltヤマダタッケン / FARROW&BALL(壁紙)St Antoine BP933

    (左)T様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Lotus BP2062(塗装)No.271 Brassica No.254 Pelt

    (右)ヤマダタッケン様 / FARROW&BALL(壁紙)St Antoine BP933

     

    上でもご紹介しましたが、Farrow&Ballの壁紙は自社の水性塗料を使って作られています。

     

    そのため、壁紙と同じ色を使った塗料を組み合わせてお部屋を彩ることが可能なんです!

    これは、塗料会社で作られている壁紙だからこそできること。

    壁紙と塗料のカラーコーディネートすると、「壁紙×壁面」「壁紙×巾木」「壁紙×扉」など、より完成度の高いおしゃれな空間作りを楽しんでいただくことができます^^

     

     

    友紀建築工房 S様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Brocade BP3208(塗装)No.26 Down Pipe

    友紀建築工房 S様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Brocade BP3208(塗装)No.26 Down Pipe

     

    壁紙と塗料の色を揃えて統一感を出すもよし、あえて違うFarrow&Ballの色を組み合わせて、配色を楽しむのもよし☆

    Farrow&Ballを存分に使って、自分らしい輸入壁紙と塗料の組み合わせをぜひ見つけてみてください♪

     

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

     

    5.こんな使い方があった!和室で魅せる輸入壁紙

     

    FARROW&BALL(壁紙)Wisteria BP2201(塗装)Hip 8476N Symphony Blue

    FARROW&BALL(壁紙)Wisteria BP2201(塗装)Hip 8476N Symphony Blue

     

    皆さんは、壁紙は壁や天井に貼るだけのものだと思っていませんか?

    輸入壁紙 Farrow&Ballは、繊細な色合いや質感を持つ自社の水性塗料を使っており、インテリアに自然に溶け込む色合いが多く揃っています。

     

     

    Y様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Vermicelli BP1510

    Y様邸 / FARROW&BALL(壁紙)Vermicelli BP1510

     

    特にニュートラルカラーを多く使っているパターンは自然素材の多い和室にもぴったり!

    畳との相性も良いですし、襖に施すことで稀有な存在感を和室にもたらすことができるでしょう。

     

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

     

    6.実物の確認は必須!無料で取り寄せられる輸入壁紙のサンプル

     

    Farrow&Ballの壁紙サンプル(A4サイズ)

     

     

    さて、輸入壁紙 Farrow&BallはA4サイズのサンプルを用意しております。

    ここに貼ったら素敵だろうなと考えられているスペースに実際にテープなどで貼り付けてみて、朝昼晩の光の元でどんな風に見えるのか、しっかり確認してみましょう♪

     

    Farrow&Ballの壁紙サンプルの裏にはリピートや壁紙の幅など情報が書かれています

     

    なお、Farrow&Ballの壁紙サンプルは無料となっております。

    表面は実際の柄が、裏面にはその壁紙コレクションの名前や番号、幅やリピートの長さなどの情報が書かれているので、チェックしてみるのもいいでしょう^^

     

     

    サンプル請求はこちらからどうぞ

    FARROW&BALL_壁紙サンプルのご請求はこちら

     

     

     

    7.リフォームやリノベーションの工事のご相談はこちら

     

    FARROW&BALL_壁紙 Bumble Bee_BP507

    FARROW&BALL(壁紙)Bumble Bee BP507

     

    さて、手元にサンプルが届いて気に入ったものを見つけたら、Farrow&Ball銀座サロンやカラーワークスまでぜひご依頼ください。

     

    また、壁紙の施工はなかなかDIYでは仕上げることが難しいと思います。

    そんな時はカラーワークスでリノベーション工事を承ることができます^^

    壁紙の手配から施工工事の完了まで、お客様の条件に合わせてサポートさせていただくことができるので、安心してお任せください。

     

    コーディネートがしやすい輸入壁紙 Farrow&Ballを使って、おしゃれな住まいを一緒に作ってみませんか♪

     

     

    リノベーションのご依頼やご相談はこちらからどうぞ

    Farrow&Ball銀座サロンの詳細やご予約はこちらからどうぞ

     

     

  • 空間に気品を与える柔らかな感触と滑らかな光!
    水性塗料なのにスエードの質感をもつバルレンナ

  • 2022.12.04,

  • 内装に気品をもたらすスエード調水性塗料バルレンナ / CURIOUS-DESIGN-WORKERS_gap_バルレンナ_448D

    写真提供:CURIOUS DESIGN WORKERS / 物件:gap / 使用塗料:バルレンナ 448D

     

    カラーワークスが取り扱う特殊塗装には、水性塗料で仕上げたとは思えないほど特別なテクスチャーをもつ塗料がたくさんあります。

    なかでも、今回ご紹介するバルレンナはまるでスエードのような質感で、空間に気品と高級感をもたらしてくれる素晴らしい個性をもつ水性塗料です。

    それではさっそくバルレンナのポイントをチェックしていきましょう!

     

    スエード調水性塗料バルレンナの詳細はこちら

    バルレンナの詳細はこちら

     

     

    ——————–

    1.スエードのような非常に柔らかな質感で空間に高級感をもたらす

    2.空間に多彩な表情をうむ24色

    3.スエード調水性塗料バルレンナのメンテナンス性

    4.F☆☆☆☆・不燃認定・低臭・使用場所

    5.スエード調水性塗料バルレンナの塗装要領

    6.施工事例

    7.資料請求・お問い合わせ

    ———————

     

     

    1.スエードのような非常に柔らかな質感で空間に高級感をもたらす

    スエード調水性塗料バルレンナは、何といっても『美しい色合い』と『スエードのような柔らかで落ち着いた質感』が秀逸!

    水性塗料の中に、細かな砂のようなテクスチャーが含まれているので、刷毛を使った特殊塗装で繊細な陰影をつけながら仕上げていきます。

     

    滑らかな光の反射をするバルレンナは、華美な印象というよりも気品ある高級感を空間に演出してくれます。

    住まいのどの部屋にもあわせやすいですが、書斎などに塗装してインテリジェンスな空間に仕上げるのも良いですね^^

     

     

     

    2.空間に多彩な表情をうむ24色

     

    空間に多彩な表情を生む24色 / スエード調水性塗料バルレンナ空間に多彩な表情を生む24色 / スエード調水性塗料バルレンナ


    ※モニターによって実際の色とは異なる場合がございます。必ず色見本をご依頼頂けますようお願い致します。

     

    スエード調水性塗料バルレンナは、住宅にも商業施設にも使いやすいカラーバリエーションで全24色揃っています。

     

    赤系統や黄色系統のアースカラーのような色は空間に垢抜けた華やぎを、クールな色合いやグレージュなどのニュートラルカラーは、シックで大人っぽく演出してくれるでしょう。

     

     

    スエード調水性塗料バルレンナの詳細はこちら

    バルレンナの詳細はこちら

     

     

     

    3.スエード調水性塗料バルレンナのメンテナンス性

     

    写真提供:ドリームチーム 中田塗装 物件:アマンダ / 使用塗料:バルレンナ_メテオレ10セメント

     

    写真提供:ドリームチーム 中田塗装 物件:アマンダ / 使用塗料:バルレンナ_メテオレ10セメント写真提供:ドリームチーム 中田塗装 物件:アマンダ / 使用塗料:バルレンナ_メテオレ10セメント


    写真提供:ドリームチーム 中田塗装 / 物件:アマンダ / 使用塗料:バルレンナ メテオレ10セメント

     

    スエード調水性塗料バルレンナは、少しの汚れなら塗装して完全に乾燥させたあと、柔らかいスポンジに水を含ませて、優しく塗装面を拭いてメンテナンスをすることができます。

    そのため、住宅だけでなく上の写真のような美容室のような空間でも使っていただけます。

     

    なお、選んだ色が黒に近い濃く暗い色の場合、こすりすぎると白っぽくなる恐れがあります。また、傷が目立つからといって一部分だけ補修すると目立ってしまう可能性が高いので、その場合は壁一面の補修をおすすめします。

     

     

     

    4.F☆☆☆☆・不燃認定・低臭・使用場所

     

    バルレンナは、環境にも人にも優しい水性塗料です。

     

    ・F☆☆☆☆取得

    ・不燃認定取得

    ・低臭で日中工事が可能

     

    また、使用場所として屋内壁用となっております。

     

    ・プラスターボード

    ・CWペーパー(No.003)

    ・コンクリートやモルタル

     

    ※下塗りには、スエード専用プライマーを使用してください。

     

     

     

    5.スエード調水性塗料バルレンナの塗装要領

     

    通常の水性塗料とは違い、ローラーでの施工をしたあと乾かないうちにすぐ刷毛を使ってテクスチャーを付けていくという特殊塗装が必要なバルレンナ。

    どのような施工の過程を経ていくのかご紹介していきます。

     

     

    スエード専用プライマー(水で10%~30%希釈したもの)を中毛ローラーで不規則に一回塗る。

     

     ↓

     

    スエードペイントをローラーで全体に不規則な方向に塗り広げる。

     

     ↓

     

    スエードペイント乾燥後、彩度スエードペイントをローラーで全体に不規則な方向に塗り広げます。ローラーで塗った場所は、その直後からすぐに刷毛目をすぐにいれることがポイントなので、二人で塗装することがおすすめです

     

     

    なお、ステップ2 のスエード調水性塗料バルレンナを乾燥した後、ステップ2 と同じ塗り方でローラーで一回塗っていきます。

     

    ポイントは、ローラー塗り直後からすぐに刷毛で柔らかいカーブを描く様にクロスしながら刷毛目を入れていく必要があること。

    そのため、塗料をローラーで塗る人、刷毛で模様をつける人と2人以上で塗装することをお勧めします。

     

     

    スエード調水性塗料バルレンナの詳細はこちら

    バルレンナの詳細はこちら

     

     

     

    6.施工事例

     

    写真提供:ナズナデザインオフィス / 物件:S様邸 / 使用塗料:ドリームアルバ バルレンナ 451A

    写真提供:ナズナデザインオフィス / 物件:S様邸 / 施工:ドリームチーム アルバ /使用塗料:バルレンナ 451A

     

     

    物件:スタッシャー / 施工:ドリームチーム hus

    物件:スタッシャー / 施工:ドリームチーム hus

     

     

     

    7.資料請求や施工工事のお問い合わせ

     

    スエード調水性塗料バルレンナの資料請求や施工工事のお問い合わせはこちら

    カタログや施工のお問い合わせはこちら

     

     

     

  • DIYでセルフリノベーションをする前に!
    もうチェックした?後悔しない色選びの方法

  • 2022.11.21, , ,

  • せっかく壁にDIY塗装をしたのに、いざ塗ってみると「思っていた雰囲気と違った!」とか「カラーチャートで選んだ色とは別の色に見えてしまう……」なんて失敗をしたことはありませんか?

    今回は、塗った後で後悔しない色選びをするための方法を、繊細で奥行き深く、独特の質感を持つ塗料を提供する英国の老舗ブランドFarrow&Ballを通してご紹介します^^

     

    DIYでセルフリノベーションをする方におすすめ!Farrow&Ballの詳細はこちら

    FARROW&BALLペイントスターターキットのご購入・詳細はこちらからどうぞ

     

     

    ———————

    1.好きな色を選んだのに、思っていた雰囲気と違ってしまった原因は?

    2.カラーチャートから気になる2〜3色を選んでみよう!

    3.サンプルポットを使って、あとで後悔しないための『試し塗り』

    4.試し塗りをした色の見えの変化を1日を通してチェック

    5.大好きな色に囲まれる暮らしをDIY塗装で簡単に手に入れよう

    ———————

     

     

    1.好きな色を選んだのに、思っていた雰囲気と違ってしまった原因は?

     

    驚くほど豊富な色が揃っているカラーチャート

     

     

    インテリアの壁を塗装する水性塗料のカラーチャートは、驚くほど豊富な色が揃っています。

    その中から好きな色を選んで塗装をされる方が多くなってきてるのですが、「せっかく好きな色を選んだのに壁に塗ると、雰囲気が変わってしまった……」と仰る先輩DIYerさんの声をお聞きすることがあります。

     

     

    色選びをするときは2〜3色選ぶこと

     

     

    せっかく好きな色を選んで塗装をしたのに、思ったような色に仕上がらなかったら残念ですよね;

    こうしたことが起こる原因の一つとしてあげられるのが、空間の『光と色』の関係。

     

     

    塗る場所によって色の見え方が変化してくる塗る場所によって色の見え方が変化してくる


     

    カラーチャートから色を選ぶ時は、色がよく認識できる昼間や明るい場所で選ぶことが多いと思います。

    でも、実際に過ごす空間の照明の光の色や窓から入ってくる太陽の光の影響によって、選んだ色が思っていたよりも暗かったり濁って見えてしまうことがあります。

     

    そのため、DIYでセルフリノベーションをする前に必ず試し塗りをすることをおすすめしています。

     

     

     

    2.カラーチャートから気になる2~3色を選んでみよう!

    さて、DIYでセルフリノベーションする方たちに人気のFarrow&Ballの色は、世界でも他に類を見ないほど繊細な発色をする塗料です。

     

    色にこだわりをもって作られているからこそ、光の当たり具合により様々な表情を見せてくれるので、Farrow&Ballのファンの方たちは、朝の光や夜の照明の元でどんどん変わっていく壁の色の表情を楽しんでいらっしゃいる方が多いのですよ^^

     

     

    後悔しない色選びをしよう!

     

     

    そんなFarrow&Ballの本国であるイギリスのユーザーさんたちは、ご自分のお住まいに塗装をする前に必ずやっていることがあります。

    それは、塗装してみたい色を複数色選んで試し塗りをしてみること!

     

    理由は、希望の色より明るさや鮮やかさがほんの少し変わるだけで、実際にDIYで塗装をした際の色の見え方が変わってくることを知っているからです。

    そのため、カラーチャートの色は目安として『塗装後の色が一番好み』になるよう確認することが大切になってくるのです。

     

     

    カラーチャートから色を選ぶときは好きな色に加えて2~3色選びましょう

     

     

    なお、選ぶのは『好きな色』と『近い色を2〜3色』程度でOK!

    132色のカラーチャートの中から好きな1色を見つけることは割と早くできると思うので、あとは好きな色を中心に選んでみてくださいね^^

     

     

    Farrow&Ballのカラーチャートのご請求はこちら

    Farrow&Ballのカラーチャートのご請求はこちら

     

     

     

    3.サンプルポットを使って、あとで後悔しない『試し塗り』

     

    繊細で奥深い132色が揃う英国の老舗ブランドFarrow&Ballの色

     

     

    Farrow&Ballの132色のカラーチャートから好きな色や候補色を選んだら、お試し用のサンプルポットを使い、実際にDIY塗装する壁に試し塗りをしてみましょう♪

    サンプルポットは2.5Lや5L缶と同じ塗料が入っているもので、刷毛でA4サイズ程度の大きさに塗って確かめます。

     

     

    試し塗りをして色のチェックをしよう!

     

     

    壁に直接塗ると、本番塗装する時に色が混ざってしまうのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、水性塗料とはいえ絵の具とは違い、一度乾燥すると溶けることはありません。

    色味をチェックしたあと、決めた色を上から塗れば試し塗りをした色は被ってしまうので影響はありません。

     

    なお、直接壁に塗るのが難し場合は、別途A4サイズの用紙に塗ってから壁に貼って確認をしてみてくださいね♪

     

     

    塗り試し用のサンプルポットと刷毛を購入して塗装色を確かめてみよう

     

     

    さて、肝心のサンプルポットが購入する方法は、各ショールームまたはオンラインショップの2つあります。

    ご希望の色番号のサンプルポットに加え、ちょうとポットに入るサイズの刷毛も用意しておりますので、一緒にご購入されるのも良いでしょう。

     

     

    Farrow&Ballのサンプルポットのご購入はこちら

    Farrow&Ballのサンプルポットのご購入はこちら

     

    DIYのセルフリノベーションなどの試し塗りに最適な刷毛のご購入はこちら

    試し塗り用の刷毛のご購入はこちら

     

     

     

    4.試し塗りをした色の変化を1日を通してチェック

     

    試し塗りをしたら、ほどなくして表面が乾いてくることでしょう。

    水分を多く含んでいる塗り立て直後はやや色が鮮やかに見えますが、乾くと色が落ちついてきます。

    この状態で、1日の中で色がどう変化していくのかチエックしてみましょう。

     

    ちょうどFarrow&Ballで塗装をしたお部屋が、1日を通して窓から差し込む陽光や照明の光でその壁の色味が変わっていく様子を記録している動画があるのでぜひご覧ください♪(音声あり)

    色や光の表情が移り変わる様は素敵ですし、こんなに色が変化して見えるのかということを実感できる動画になっています^^

     

     

     

     

    朝の青みがかった光、昼の白っぽい光、夜の暖かな電球色の光、また光が差し込む部屋の方角や広さによっても、色の見え方は変化します。

    一番長くそのお部屋にいる時間に、一番綺麗に見える色を選べるよう試し塗りで色の見え方をチェックすることは、後悔しない色選びの第一歩です。

     

     

     

    5.大好きな色に囲まれる暮らしをDIY塗装で簡単に手に入れよう

     

    試し塗りをして最高の色が見つかったら1面からでもOKです。DIYで塗装をしてみましょう!

    その時に使えるのが、横幅約6mの壁が塗装できるFarrow&Ballの塗料と塗装塗装道具一式が含まれている ペイントスターターキットです♪

     

     

    はじめてのペイントDIYにおすすめ横幅約6mの壁が塗れるペイントスターターキット

     

    初めてDIYで塗装をするときは、数あるローラーや刷毛の中からどんな道具を選ぶと良いのかわからないものですよね。

    でも、このキットにはFarrow&Ballが塗りやすいローラーや刷毛が初めからセットされてるので、こうしたストレスから解放されます♪

     

    皆さんの作業をより快適にしてくれるツールなので、Farrow&Ballの色と共にDIYライフを楽しんでくださいね^^

     

     

    DIY塗装をするなら塗料も道具もひとまとめになったこちらがおすすめ!

    FARROW&BALLペイントスターターキットのご購入・詳細はこちらからどうぞ

     
     

     

  • なんと昨年比売上10倍強!工事のご依頼多数の
    煌めくメタリック水性塗料モアレの魅力☆

  • 2022.11.13, , ,

  • 近年、好きな色を選んで自宅の壁にDIY塗装をしたり、塗装工事をすることでおうち時間を楽しまれる方が増えてきました。

    それとともに、一つの壁を色で塗り分けしたり、モルタルや石材のような質感になる特殊塗装を取り入れるなど、インテリアに成熟した個性を求める方が多くなってきました。

     

    そのような中でいま大きな注目を集めているのが、なんと昨年比10倍以上の売上を続伸中の『メタリック水性塗料 モアレ』。上品な煌めきをもち、類まれな高級感を演出してくれる塗料です。

    今回は、住宅から店舗までいま非常に人気が高まっているモアレをご紹介します!

     

    メタリック水性塗料 モアレの詳細はこちら

    繊細な煌めきを持つMoireの詳細はこちら

     

     

    ———————

    1.高級感のある上質なメタリックが特徴のモアレ

    2.メタリック水性塗料 モアレ の6つの特徴

    3.施工や塗装色のご提案は、私たちにお任せを

    4.ショールームでお待ちしています

    5.商品のお問合せ

    ———————

     

     

    1.高級感のある上質なメタリックが特徴のモアレ

     

    上品な煌めきを持つメタリック水性塗料モアレ / 建築家 石本 輝旭 / 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所

    写真提供:建築家 石本 輝旭 / 株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所 /(正面壁)モアレ Dark Roastコテ仕上げ

     

    シルクのような滑らかな仕上がりで、水にも傷にも強いメタリック水性塗料のモアレですが、その一番の魅力はなんといっても繊細で上品な煌めき。

    メタリックの質感がとても細かいので、インテリアにこの上ない高級感を醸し出してくれます。

     

     

    写真提供:ズットスタイル様_イタリアン店舗(壁)モアレ Rapture(天井)Hip 8896N flat

    写真提供:ズットスタイル / イタリアン店舗(壁)モアレ Rapture(天井)Hip 8896N flat

     

    メタリックな風合いのモアレは、水性塗料とはいえ特殊なものであるため色数も少なそうに感じますが、なんと84色ものカラーバリエーションが揃っています。

    そのため、住宅で馴染む色から店舗でインパクトのある色まで、用途にあわせて幅広く選んでいただけるのも大きなポイントでしょう♪

     

    メタリック水性塗料 モアレの詳細はこちら

    繊細な煌めきを持つMoireの詳細はこちら

     

     

    2.メタリック水性塗料 モアレ の6つの特徴

     

    素晴らしい演出効果をもつメタリック水性塗料のモアレですが、機能自体も非常に高い塗料です。

    ここではモアレの6つの特徴をご紹介します。

     

     

    上品な煌めきを持つメタリック水性塗料モアレ / モアレ AlbertoAguilar

    (壁)モアレ Alberto Aguilar

     

     

    ① タッチアップが簡単

    生活をしているとどうしても壁に傷がついてしまうことがあったり、プロの業者さんでも新築やリフォームの引き渡し前にうっかり傷つけてしまった!という場面があるとヒヤヒヤしますよね。

     

    モアレは特殊塗装が必要な塗料ですが、上からまた同じ塗料を塗ると目立たなくなり、タッチアップ性にとても優れており、塗装業者の方ならどなたでも塗装できます。

     

     

    ② 防カビ・低VOC境に優しい

     

    写真提供:クラフト / (キッチン奥・パネル)モアレ

    写真提供:クラフト / (キッチン奥・パネル)モアレ Cowcord

     

    ローラーに加えて刷毛やコテを使う特殊塗装で仕上げるモアレですが、環境に優しい材料から作られており、人に安心・安全な水性塗料です。

    防カビの性能を持っていたり水拭きでしっかり拭き取りもできるなど、メンテナンスがしやすいのは嬉しい特徴ですね!

     

     

    ③ 表情豊かな メタリック

     

    写真提供:正栄産業株式会社_S様邸 /(壁)モアレ Fieldstone原宿Qプラザ 肉ビストロSIXMARS_(壁)モアレ


    (左)写真提供:正栄産業株式会社_S様邸 /(壁)モアレ Fieldstone

    (右)原宿Qプラザ 肉ビストロSIXMARS_(壁)モアレ

     

    モアレは非常に意匠性の高いメタリック水性塗料です。

    コテ・ローラー・刷毛それぞれの仕上げ方によって、同じ色でも表情が変わってきます。

     

     

    モアレは同じ色でもコテ・刷毛・ローラーによって風合いが変わってきます

     

    それぞれ仕上がりの風合いをみてみると、コテの場合は直線的なラインがよりシャープでスマートな印象に。

    また、ローラーで仕上げた場合はまるで霧の中にいるような柔らかさが出てきますし、刷毛の場合は細かな刷毛目のテクスチャーがキラキラと繊細な反射をし、まるでインドシルクのような美しさが生まれてきます。

     

    どのパターンも大胆に塗装をした方が、仕上がった時に壁の表情をより楽しむことができたり、上品で印象深い壁面を作ることができるのもメタリック水性塗料の特徴の一つです。

     

    メタリック水性塗料 モアレの詳細はこちら

    繊細な煌めきを持つMoireの詳細はこちら

     


    ④ 高機能なモアレはF☆
    ☆・不燃認定に加え低臭

     

    写真提供:ズットスタイル_Y様邸 /(階段・リビング・廊下の壁)モアレ Nightcap

    写真提供:ズットスタイル / Y様邸 /(階段・リビング・廊下の壁)モアレ Nightcap

     

    メタリック水性塗料のモアレは、F☆☆☆☆取得で不燃認定も取れている塗料です。

    特殊な塗料にありがちな塗料独特の臭いもほとんどせず、日中のお住まいで工事をすることもできます。

     

    特殊塗装ではありますが、インテリアではプラスターボード・ビニールクロス・木部・壁紙・コンクリート・モルタルなどの上にも塗装ができます。(下塗りに専用ベースを使用してください)

     

     

    ⑤ 誰でも簡単施工できる

     

    JINS コトチカ京都店_(天井)モアレ

     

     

    コテや刷毛、ローラーを駆使してテクスチャーを付けながら仕上げる特殊塗装は、特別な技術を習得したプロの職人以外は施工することが難しいものが多いです。

    しかし、メタリック水性塗料のモアレは、塗装職人でしたらどなたでも簡単に美しい表情を作り出すことができます。

     

     

    ⑥ 繊細な煌めきを持つ 84色メタリック

     

    (店舗・壁)八海山苗場 / モアレ Darkgranite

    (店舗・壁)八海山苗場 / モアレ Darkgranite

     

    メタリック水性塗料のモアレは、クラシカルな雰囲気の空間から現代的なモダンな空間まで、さまざまなインテリアを上品な煌めきで華麗に演出してくれる塗料です。

     

     

    モアレは84色もの豊富な色が揃う

     

     

    メタリックの塗料とは思えないほどのカラーバリエーションですので、お好きな色を選びやすく、住宅から店舗まで幅広く使いやすい色が揃っています。

     

    そのため、特別な空間を演出したい方や個性を出したい方、インテリア好きの方たちにいち早く取り入れられており、それが人気の理由の一つとなっています。

     

    メタリック水性塗料 モアレの詳細はこちら

    繊細な煌めきを持つMoireの詳細はこちら

     

     

    3.施工や塗装色のご提案は、私たちにお任せを

     

    私たちのスタッフは、全員が色のプロであるライフカラースタイリスト®︎の資格を取得していたり、施工工事にも詳しい者が揃っています。

     

     

    写真提供:株式会社坂本建築設計事務所 / T様邸 / モアレ Bluedress

    写真提供:スイートホームズ 株式会社坂本建築設計事務所 / T様邸 / モアレ Bluedress

     

    普通の単色の塗料とは違うメタリック水性塗料のモアレを使う場合、『大面積』なのか、『壁一面』の塗装なのかによっても色選びが難しいと感じる方も多くいらっしゃるようです。

     

     

    写真提供:伊藤教司建築設計事務所 / NOVIC大阪サロン /(壁)モアレ Pavilion Gray コテ仕上げ

    写真提供:伊藤教司建築設計事務所 / NOVIC大阪サロン /(壁)モアレ Pavilion Gray コテ仕上げ

     

    「こんなイメージの空間にするには、モアレのどの色でどんな仕上げ方にするといい?」など、お気軽にカラーワークスにお問い合わせください。

     

    なお、コテや刷毛なども使う仕上げのためプロが塗装する工事を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

    カラーワークスには、メタリック水性塗料 モアレの塗装を数多くの現場で施工してきた職人が多いので、安心してお任せください。

     

     

    4.ショールームでお待ちしています

     

    東京・神奈川・神戸の3ヶ所にあるカラーワークスのショールーム。

    それぞれ雰囲気が違いますが、どのショールームにも色、塗料、施工に詳しい専門スタッフがいます。

    現在、ご予約されたお客様を優先させていただいておりますので、ご来店の際はぜひご予約をお願いいたします。

     

     

    ・東京ショールーム

     

    カラーワークス東京ショールーム

     

     

    日本の文化が根付く“東神田”という東京のSOHOとも言える場所にある東京ショールーム。

    たくさんの塗料の商材やサンプルが揃うと共に、ショールーム、階段、トイレスペースを含むビル全体が塗装のアイデアの宝庫!

    色やテクスチャー選びだけでなく塗装のノウハウが習えるペイントレッスンまで、専門のスタッフが皆さまをお待ちしています。

     

    ・神奈川ショールーム

     

    カラーワークス神奈川ショールーム

     

     

    本社に併設している神奈川ショールームは、各種ペイントや壁紙だけではなく、全商品のサンプルを直接見ていただくことができます。

    またあらゆる種類のペイントツールを取り揃えているのも、神奈川ショールームの特徴。使いやすくおしゃれな塗装の道具を見ているだけで、時間があっという間に過ぎてしまいます^^

    広い駐車場もありますので、ぜひお車でお越しください。

     

     

    ・神戸ショールーム

     

    カラーワークス神戸ショールーム

     

     

    Farrow&Ballの全ての塗装・壁紙のサンプルはもちろん、Hipやテクスチャーペイントまで、カラーワークスの全てのペイントをご紹介してます。

    その場でお持ち帰りいただくことができる塗料も販売もしているので、すぐに欲しい方にはとっても便利なショールームです。

    専門スタッフのアドバイスを受けることもできますので、どなたでもお気軽にお越し下さい。

     

     

    各ショールームのご予約はこちらからどうぞ

    東京・神奈川・神戸のショールームの予約はこちらからどうぞ

     

     

    5.商品のお問合せ

     

     
     

  • 続々と増えてるかっこいいモルタル風特殊塗装☆
    住宅や店舗、オフィスインテテリアにも大人気!

  • 2022.10.31,

  • かっこいいインテリアをPintarestなどで探していると、よく見かけるのがモルタルやコンクリート。実際にモルタルなどを使わなくても、メンテナンスのしやすい水性塗料で仕上げることができるのはご存知ですか?

     

    モルタルにもさまざまな種類があるのですが、カラーワークスでは『メテオレ10 セメント』と『メテオレ10 イントナコ』が大人気で、続々と素敵なインテリアが生まれています♪

     

    今回は、「モルタルやコンクリートのような壁で、かっこよく、個性的にしたい」という方におすすめの、この2つのモルタル調特殊塗料をご紹介していきます!

     

    モルタル調特殊塗料メテオレ10 セメントの詳細はこちら

    メテオレ10セメントの詳細はこちら

     

    モルタル調特殊塗料メテオレ10 イントナコの詳細はこちら

    メテオレ10イントナコの詳細はこちら

     

     

    ———————

    1.リアルなモルタル風の質感を出せる特殊塗料『メテオレ10 セメント』と『メテオレ10 イントナコ』

    2.モルタル調特殊塗料『メテオレ10 セメント』『メテオレ10 イントナコ』の5つの特徴

    3.施工やカラーのご提案は、カラーワークスにお任せ!

    4.カラーワークスショールームで会いましょう♪

    5.商品のお問合せ

    ———————

     

     

    1.リアルなモルタル風の質感を出せる特殊塗料
    『メテオレ10 セメント』と『メテオレ10 イントナコ』

     

    施工:中田塗装様_メテオレ10セメント

    写真提供:中田塗装店様

     

    イタリア生まれのモルタル風の水性塗料『メテオレ10 セメント』は、まるでセメントで仕上げたような粗めの質感がクールで、スマートでかっこいいインテリアやシックな空間にぴったりの内装用の特殊塗料です。

     

     

    かすかべ湯元温泉:エントランス_メテオレ10セメント

    かすかべ湯元温泉様  エントランス

     

    また『メテオレ10 イントナコ』は、漆喰やモルタルのような細かな質感と繊細なムラ感をリアルに再現。色も全77色あるので、モダンなスタイルから上質さを演出したスタイルまで幅広く彩ってくれる、内外装どちらにも使える特殊塗料です。

     

    「モルタルは使いたいけどコストが高め;」「壁紙だとパターンが決まっているから個性が出ない…」と悩まれていた方にはおすすめの特殊塗料です^^

     

    中田塗装様_アマンダ_メテオレ10セメント

    写真提供:中田塗装店様

     

    メテオレ10セメント_施工:中田塗装様 / 設計:長守寛之建築設計事務所 / ラーメン翔龍

    写真提供:中田塗装店様

     

    メテオレ10セメント_施工:中田塗装様 / 設計:長守寛之建築設計事務所 / ラーメン翔龍

    写真提供:中田塗装店様 

     

      

    2.モルタル調特殊塗料『メテオレ10 セメント』『メテオレ10 イントナコ』の5つの特徴

     

    ① デザイン性が抜群

     

    VALPAINT メテオレ10 事例写真

     

    人気の理由は、塗装とは思えないリアルで上質な仕上がり感。

    壁面だけでも十分個性を発揮してくれますば、壁面と建具を合わせて施工をすることで質感を揃え、より統一感を感じさせることもできます。

    実物を見たお客様が「これが塗装 ?!」「本物のモルタルでは?!」と驚かれる方も多い仕上がりです。

     

    ② 本物の石より㎡単価が安い

    本物の石より㎡単価が安い商材となります。(㎡単価2万後半~4万の石を想定)

    モルタル調特殊塗料は価格帯を抑えつつ高級感を演出するのに適しており、金額とデザインのバランスがとても良いのも特徴のひとつ。

    但し、施工面積が小さいと一式価格で高くなる可能性がありますので、そ場合はカラーワークスまでご相談ください。

     

    ③ 石では難しい 小口やアール面にも施工可能

     


     

    塗料なので小口やアール面、柱など、あらゆる場所に塗ることができます。

    まるで大きな石材のように見せることができるなど、普通の石材ではできない箇所にも表現可能です。

    仕上げ方の技術が高い特殊塗料ではありますが、成分は普通の水性塗料です。そのため塗装する時の下地も特殊なものではなく、プラスターボードでOKなのも嬉しいポイントです。

     

     


    ④ 色は全部で28色も!!

    色数は全28色。

    テクスチャーや目地をつけることでデザインを変えることも可能です!

    >>カラーチャートをWEBで確認する

     

    ⑤ 環境に優しい F☆☆☆☆・不燃認定取得

    水性塗料なので環境に優しく安全性が高いモルタル調特殊塗料『メテオレ10 セメント』や『メテオレ10 イントナコ』は、F☆☆☆☆と不燃認定を取得しています。

    商業施設やオフィスはもちろん、個人の住宅でも安心してお使いいただくことができます。

     

     

    3.施工やカラーのご提案は、カラーワークスにお任せ!

     

    カウンター下:メテオレ10セメント

     

     

    カラーワークスはインテリアカラーのプロ!

    全員がライフカラースタイリスト®︎の資格を取得しています。

     

    モルタルでも微妙な色の違いを見分け、その色にあった他の質感や空間の雰囲気や目的に沿ったアクセントウォールのご提案をさせていただくことができます。

     

     

    メタリックの塗装 / 飲食店  Ab・de・F(エビデフ)

    メタリックの塗装 / 飲食店  Ab・de・F(エビデフ)

     

     

    施工:hus / AbdeF

    メタリックの塗装 / 飲食店  Ab・de・F(エビデフ)

     

    モルタルだけでなく、最近ではメタリック塗料のお問い合わせも増えています。

    「こんな質感が欲しい」「こんな色を探している」「こんな空間にしたいのだけどどうしたらいい?」など、塗料の色・質感のことなら、どんなことでもお気軽にカラーワークスにお問い合わせください。

     

     

    4.カラーワークスショールームでお待ちしています

     

    東京・神奈川・神戸の3ヶ所にあるカラーワークスのショールーム。

    それぞれ雰囲気が違いますが、どのショールームにも色、塗料、施工に詳しい専門スタッフがいます。

    現在、ご予約されたお客様を優先させていただいておりますので、ご来店の際はぜひご予約をお願いいたします。

     

     

    ・カラーワークス 東京ショールーム

     

    カラーワークス東京ショールーム

     

     

    日本の文化が根付く“東神田”という東京のSOHOとも言える場所にある東京ショールーム。

    たくさんの塗料の商材やサンプルが揃うと共に、ショールーム、階段、トイレスペースを含むビル全体が塗装のアイデアの宝庫!

    色やテクスチャー選びだけでなく塗装のノウハウが習えるペイントレッスンまで、専門のスタッフが皆さまをお待ちしています。

     

    ・カラーワークス 神奈川ショールーム

     

    カラーワークス神奈川ショールーム

     

     

    本社に併設している神奈川ショールームは、各種ペイントや壁紙だけではなく、全商品のサンプルを直接見ていただくことができます。

    またあらゆる種類のペイントツールを取り揃えているのも、神奈川ショールームの特徴。使いやすくおしゃれな塗装の道具を見ているだけで、時間があっという間に過ぎてしまいます^^

    広い駐車場もありますので、ぜひお車でお越しください。

     

     

    ・カラーワークス 神戸ショールーム

     

    カラーワークス神戸ショールーム

     

     

    Farrow&Ballの全ての塗装・壁紙のサンプルはもちろん、Hipやテクスチャーペイントまで、カラーワークスの全てのペイントをご紹介してます。

    その場でお持ち帰りいただくことができる塗料も販売もしているので、すぐに欲しい方にはとっても便利なショールームです。

    専門スタッフのアドバイスを受けることもできますので、どなたでもお気軽にお越し下さい。

     

     

    各ショールームのご予約はこちらからどうぞ

    東京・神奈川・神戸のショールームの予約はこちらからどうぞ

     

     

    5.商品のお問合せ

     

     
     

  • リビング塗装はペイント下地クロス工事+DIY☆
    “難しい事はプロ、塗装は自分”が最高に楽しい!

  • 2022.10.24, , ,

  • 皆さんはおうちの色を選ぶとき、どこのお部屋から考えることが多いですか?

    カラーワークスで住まいの色選びをするお客様の傾向を見ていると「おうちの色を考えるなら、やっぱり『リビング』はやっぱり外せない」という方が多いようです^^

    そこで今回はリビング塗装の魅力をはじめ、先輩ユーザーのDIY事例、ペイント下地クロス工事の金額の目安などをご紹介します!

     

    —————

    1.色のあるリビングはライフスタイルをより魅力的に♪

    2.『下地はプロが工事+最後の塗装はDIY』が最高に楽しい!

    3.下地によってリビングの仕上がりに大きく差が出る?!

    4.自分で塗装をすると何度でも美しいリビングに

    5.リビング1部屋分のペイント下地クロス工事費の目安は?

    6.ショールームのご予約とリビングの塗装工事のお問い合わせ

    —————

     

     

    1.色のあるリビングはライフスタイルをより魅力的に♪

     

    リビングは広く見えた方がいい、清潔で明るい方がいい、どんな家具でも合わせやすい、とにかく安い、「だから無難に白がいいよね!」という理由で白いビニールクロスを選ぶのでしたら、それはもったいないことです><(白好きな方は、白にも色々あるのでぜひこだわって選んでみてください♪)

     

    明るく穏やかなグレーで塗装されたA様邸のリビング/FARROW&BALL (壁)No.275 Purbeck Stone(天井)No.274 Ammonite

     

     

    多くの色はお気に入りの家具を引き立てて見せてくれたり、イマイチまとまりのないインテリアをまるっと包み込んで、統一感のある空間に見せてくれます^^

     

    また、色の効果を活かしてお部屋を広く見せたり、暖かく又は涼しく感じさせるなど、五感にも影響を与えて心地よく住みやすい空間づくりをすることもできるのですよ♪

     

     

    リビングに好きな色を取り入れてみよう/ FARROW&BALL(壁)No.27 Parma Gray(天井)No.2004 Slipper Satin(左ボード)No.30 Hague Blue

     

     

    家の中でも一番滞在率の高いリビングに壁に好きな色や気になっていた色を取り入れたことで、「毎日がよりワクワク楽しめるようになった」とか「ゲストをよく招くようになった」という声を先輩ユーザーの皆さんからもよくお聞きします。

     

    リビングに限らず、「おはよう」「おやすみ」という時間が嬉しくなるような寝室や、お子様のために世界にたった一つの子供部屋を作りたい場合も、壁に色ひとつ取り入れることでより魅力的な空間にすることができるのでお気軽にご相談ください^^

     

     

    2.『下地はプロが工事+最後の塗装はDIY』が最高に楽しい!

     

    親子でDIYペイント_カウンター下塗装中

     

     

    さて、いよいよリビングの壁を塗装することになった時、その方法は大まかに3つあります。

     

    ひとつ目は、美しい塗装壁を長く保ってくれるペイント下地クロスを貼り、ご希望の色を塗装する工程のすべてをプロの職人さんに頼む方法で、リビングもこの上なく綺麗な仕上がりに。

     

    ふたつ目は、既存のクロスのまま上から自分でDIYペイントで塗装をしていくこと。多少手間はかかりますが、DIY塗装は誰でもチャレンジしやすく、完成した時の達成感と感動は何物にも代え難い魅力があります。

     

     

    親子でDIYペイント_子どもとペイント

     

     

    三つ目は、一般の方がやるには難しい『ペイント下地クロス貼り』はプロに工事をお任せして、一番の醍醐味である壁に塗る作業は自分たちで『DIY塗装』をするという、美味しいとこ取りの方法です♪

     

    リノベーションやリフォーム、新築のどの場合でも、塗装壁をご希望されるお客様の中で近年この方法を選ばれるかたたちが増えています^^

     

    お引越しを機に、ご自宅リフォームをされた山崎様もそのお一人。

    毎月16日に開催している色の日セミナーやDIY塗装のコツが身に付くペイントレッスンへ参加後、リビングの壁の下地はプロに工事を頼み、お友だちと一緒にDIY塗装でリビングやキッチン横のミセスコーナー、キッチンカウンター上下の壁を塗装されました。

     

     

    山﨑様邸/ミセスコーナー・キッチンカウンター下/Hip 7856A Tomahawk

     

     

    当初は貼ってあったビニールクロスの上に塗装されようとしていたそうですが、下地となるビニールクロスに剥がれや汚れがあったため、一度貼れば何度も綺麗に塗り重ねができるペイント下地クロスを工事で貼ってもらうことにしたそうです。

     

    下の写真は元のビニールクロスの状態だったものですが、リビングの壁に一部ビニールクロスに剥がれがあるのがわかりますね。

     

     

    ペイント下地クロスを貼った塗装する前の状態ペイント下地クロスを貼った塗装する前の状態


     

    ペイント下地クロスを貼った塗装する前の状態

     

     

    下地となるビニールクロスが剥がれている状態では、上から塗装をしてもくっつくことはありません。一度貼ると大きな地震などがない限りは剥がれてくることのないペイント下地クロスで貼り直した今回の方法は、ベストな状態と言えるでしょう^^

     

     

    お友達と一緒ペイント下地クロスを貼った上からDIYペイントをされる山﨑様お友達と一緒ペイント下地クロスを貼った上からDIYペイントをされる山﨑様


     

    そうして、ペイント下地クロスを貼った状態の壁に、山﨑さんとお友だちとでDIY塗装をされていった様子が上の写真になります。お二人とも手際が良さそうですよね!

     

    DIY塗装後の各スペースも本当に美しく、山﨑さんが心地良さや個性を出したいとお話しされていた通りのリビングスペースが完成しました!

     

     

    DIYペイント後の山﨑さんのキッチン&ミセスカウンター

    (キッチンカウンター下&ミセスコーナー)Hip 7856A Tomahawk

    (キッチンカウンター上)Hip  8253M Swept Plains

     

     

    DIYペイント後の山﨑さんのリビング

    (リビングのアクセントウォール)FARROW&BALL  No.281  Stiffkey Blue

     

     

     DIY塗装後の山﨑さんのリビング

     

     

    ネイビーと落ち着きのあるレッドが同じ空間にありますが、どちらも深みがあり大人っぽいトーンの色なので、バランスよくリビングを彩っているのがわかりますね^^

     

    DIY塗装は初めての経験だったという山﨑さんですが、こんなコメントをいただいています♪

     

    今までは自分でペイントなんてハードルが高い、と感じていましたが、ペイントレッスンに参加して実際やってみたら、とにかく楽しかった!自分でやってみたことで、反省点改善点も出てきたので早くまた塗りたいです()

     

    とのこと!

    これからもペイントライフを楽しんでもらえたら嬉しいです^^

     

    ペイント下地クロス(カラーワークスペーパー)の工事についてご相談されたい方はこちら

    カタログや施工のお問い合わせはこちら

     

     

    3.下地によってリビングの仕上がりに大きく差が出る?!

     

    壁の継ぎ目が全く感じられないのが塗装壁の美しさ

     

     

    ここまでお話しした中に出てきた『ペイント下地クロス』ですが、お客さまからも「必要なの?」「ボードに直接塗ったり、今あるビニールクロスの壁紙の上からじゃだめなの?」と言う質問をいただくことがあります。

     

    確かに、安く済ませようと思うと既存のビニールクロスの壁紙の上からも塗れますし、プラスターボードの上からも塗ることはできますが、クラック(亀裂)が入りやすくなることが挙げられます。

     

    山﨑さんのリビングのお話しでも触れましたが、ビニールクロスの壁紙の糊は経年変化で乾燥してくると剥がれやすくなりますし、プラスターボードもいくら継ぎ目をパテなどで処理していても、家は特に新築だと動きやすくクラックが入りやすいものです。

     

     

    ジョイントが目立ちにくいペイント下地クロス

     

     

    ペイント下地クロスは非常に丈夫で一度貼ると剥がれてくることはなく、ボードにクラックが発生していたとしても上から貼っているので表に出てくることはありません。

     

    また、塗料を上から塗ると継ぎ目(ジョイント)が非常に目立たなくなりますし、張り替えることがないのでメンテナンス性も高く、美しい色合いや塗装の質感をそのまま感じて続けることができますよ!

     

    なお、『張り替えることが無い』と言うことは、それだけ産廃になるゴミを出さないと言うこと。

    ビニールクロスの壁紙は、10年も経つとやはり経年変化により黄ばみや剥がれが起きてきますが、ペイント下地クロスを一度貼れば、汚れてきたり色が飽きたなと思ったら上から塗り替えればいいだけなので、地球環境にもやさしい方法で^^

     

    さて、ビニールクロスの壁紙でも水性塗料で塗装することができますが、上で挙げたような壁紙の剥がれを含め、塗装するときには以下の4つの点について気をつけましょう。

     

     

    ペイント下地クロスとビニールクロスの違い

     

     

    1. 底艶や感

    フラット(またはマット)と呼ばれる艶なしの水性塗料で塗ったとしても、ビニールクロスの壁紙特有の底艶があるため、少し艶がかって見えてしまいます。

     

    2. 壁紙のエンボス加工の凹凸による影

    ビニールクロスの壁紙の表面には、深い浅いの差はあれど必ずエンボス加工による凹凸が施されています。一見気付きにくいのですが、このひとつひとつの凹凸の影のせいで、実際の色よりも少し暗く見えます。

     

    3. 抗菌・光触媒作用

    近年販売されているビニールクロスの壁紙の中には、臭いや汚れが付きにくいタイプのものがあります。この壁紙の表面は一般的なビニールクロスの壁紙よりも、水性塗料を弾きやすい特性があります。もし元のビニールクロスの壁紙を活かして内装塗装する場合は試し塗りなどしてチェックしておきましょう。

     

    4. 経年変化で壁紙が剥がれてくる

    ビニールクロスの壁紙は年月が経つと乾燥によりジョイント部分から剥がれが目立つようになります。この壁紙の剥がれは、塗料でくっつけることはできません。少しの剥がれはDIYで補修できますが、経年変化による劣化の対策は、改めて施工工事で新しいものを貼る必要があります。茉

     

    内装塗装で使うペイント専用下地クロスの詳細はこちらからどうぞ

    ペイント専用下地クロスカラーワークスペーパーの詳細はこちら

     

     

    4.自分で塗装をすると何度でも美しいリビングに

     

    一度貼ってしまえば剥がれてくることがないペイント下地クロスなので、「壁の色に飽きてきたな」「新しい色を塗ってみたいな」「新しい季節になったから」「少し汚れてきたかな」など、皆さんの好きなタイミングで初心者の方でもいつでもとても綺麗に塗り替えることができます♪

     

    さて!ここでご紹介したいのが、西岡さま邸。

    元スタッフでいてインスタグラムでも大人気の西岡さん(@hibiscus_aloha)のおうちは、ご家族で色を楽しむ暮らしをまさに実践している方の一人で、季節の変わり目やイベント毎にリビングの壁を塗り替えていらっしゃいます。

     

    そんな西岡さんのリビングの遍歴を見てみましょう♪

     

     

    西岡様邸_リビング_Hip 8052W

    西岡様邸/リビング/Hip 8052W West Keys

     

    西岡様邸_リビング西岡様邸_リビング_FARORW&BALL_No.30 HAGUE BLUE_Hip CW002W


     

    西岡様_リビングは深みのあるパープルが印象的

     

     

    いかがですか?同じリビングなのに、色を変えていくだけで随分印象が変わったように思いますよね。

    真ん中の2枚の写真については、間にホワイトのボーダーを入れるだけで空間の広がりも違って見えてきます!

     

    なお、西岡さんのお家のリビングはこの写真以外にももっとたくさんのアレンジをされているのですが、先日YouTubeのCLASTORiÉ(クラストリエ)さんのルームツアーで、最新のおうちの様子が紹介されていました。リビング以外のお部屋もとても素敵なカラーコーディネートをされているので、要チェックです♪

     

     

     

    5.リビング一部屋分のペイント下地クロス工事の目安は?

     

    このように一度貼ると貼り直す必要がなくメンテナンス性が高いペイント下地クロスですが、このクロスを貼るとしたら一体どのくらいの料金がかかるのか、目安をお伝えします。

     

     

    内装塗装に必要な費用の目安は?

     

     

    ペイント下地クロス貼りの工事代金目安

    ———————————————————————-

    ・LDKの平均的な広さとして16畳

    ・壁面は壁4面で48㎡と想定

    ・工事代金目安 208,560円(税込/天井は除く)

    ※DIY塗装に使用する塗料代とツール代は別途かかります。

    ※金額は、施工条件や下地の状況によって変動します。

     

    大量量産をしているビニールクロスの壁紙に比べると単価としてはやや高くなりますが、その後のランニングコストをグンと抑えられるのはやはり内装塗装☆

     

    DIY塗装をするならこの先ずっとご自身でメンテナンスができるので、将来的に用意するのは塗料だけとなり、ビニールクロスの壁紙に比べると格段にコストダウンできる上、西岡さんのお家のように思い出に残るのも素敵ですね^^

     

     

    6.ショールームのご予約とリビングの塗装工事のお問い合わせ

     

    全て工事でプロにお任せいただくこともできますし、全てDIYで仕上げることもできるリビング作りですが、その両方から良いとこ取りをして『ペイント下地クロス+DIY塗装』で仕上げる方法が、最近とても多くなってきています。

     

    今後のリビング作りについてご相談をされたい方は、以下のリンクからぜひお問合せください。

     

     

    直接ショールームでご相談をされたい方はこちら

    東京・神奈川・神戸のショールームの予約はこちらからどうぞ

     

     

    塗装工事(ペイント下地クロス貼り含む)のお問い合わせはこちら

    カタログや施工のお問い合わせはこちら

     

  • カリフォルニアの風景にインスパイアされた新コレクション
    初コラボ!FARROW&BALL×ケリー・ウェアスラー

  • 2022.8.07, ,

  • 今回ご紹介するのは、世界中に多くのファンを持つ英国の最高品質の老舗ペイントブランドFarrow&Ballから発表された新コレクション『カリフォルニア・コレクション』です!

     

     

    Farrow&Ballがアメリカの有名なインテリアデザイナーケリー・ウェアスラーとの初コラボ!Farrow&Ballの新コレクションは『カリフォルニア・コレクション』!


     

    いつもの新色の発表と違う点は、インテリア業界だけでなくファッション業界でも異彩を放つアメリカのインテリアデザイナー Kelly Wearstler(以下ケリー・ウェアスラー)と初コラボレーションしたコレクションであるということ。

     

    Farrow&Ballが1946年に創業して以来、初めて外部のデザイナーによって作られたカラーパレットで、これはブランドの創業75周年を記念するものとして発表されました!

     

     

     

     

    なお、今回の色調はケリー・ウェアスラー氏がカリフォルニアの風景からインスピレーションを得て作り出した8色のカラーパレットで、太陽の光を浴びたようにフレッシュ。

     

    カリフォルニア・コレクションの8色のカラーパレット

     

    これは、自然界に存在する色は感覚レベルで共鳴し、穏やかな気持ちにさせてくれたり、直感的に自然を感じさせてくれたり、周りの環境との一体感を感じさせてくれたりするという、ケリー・ウェアスラー氏の信念に基づいて作られています。

     

    それでは、この8つのカラーパレットがどんな空間に彩ってくれるのかご紹介します♪

     

     

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC1 TarFarrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC2 Sand


    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション (左)No.CC1 Tar (右)No.CC2 Sand

     

     

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC3 CitronaFarrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC4 Palm


    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション (左)No.CC3 Citrona (右)No.CC4 Palm

     

     

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC5 Salt

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション  No.CC5 Salt

     

     

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC6 Hazy

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション  No.CC6 Hazy

     

     

    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC7 StokeFarrow&Ball カリフォルニア・コレクション No.CC8 Faded Terracotta


    Farrow&Ball カリフォルニア・コレクション (左)No.CC7 Stoke (右)No.CC8 Faded Terracotta

     

    カリフォルニア・コレクションの詳細を知りたい方は、こちらのリンクからご覧ください

    カリフォルニア・コレクションの詳細はこちらから

     

     

    カリフォルニア・コレクションでのコラボレーションについて、ケリー・ウェアスラー氏はこのように話されています。

     

    「私はいつも、色のない生活は愛のない生活と同じだと言っています。Farrow&Ballと提携して、感情を呼び起こすことができるペイントコレクションを作るのは夢のようです。色は部屋の心です。全部の壁をペイントするにしても、1 面だけだとしても、自分で空間を変える表現力を与えてくれます。」Kelly Wearstler

     

    日本の住宅は従来横並びのように白い壁が多く使われてきました。

    でも、みなさん自身は横並びではないはず。

    ご自身の個性をもっとも開放できる住まいで、色を通して表してみてください^^

     

    初めてインテリアに色を取り入れる方にも、穏やかに寄り添ったり開放してくれるような色がたくさん揃っているコレクションです。

     

    Farrow&Ball ×ケリー・ウェアスラーのカリフォルニア・コレクションの詳細はこちら

    カリフォルニア・コレクションの詳細はこちらから

     

     

    カリフォルニア・コレクションの新情報やお問い合わせついて

    カリフォルニア・コレクションの最新情報はFarrow&Ballのインスタグラムにていち早く情報をアップしていきますので、フォローをどうぞ♪

    また、早く色をご覧になりたいという方は、カラーワークスの各ショールームか銀座サロン、もしくは全国の販売店までお気軽にお越しください。

     

    ・FARROW&BALL インスタグラム https://www.instagram.com/farrowandball_jp/

    ・FARROW&BALL 銀座サロン https://www.farrow-ball.jp/showroom/#01

    ・FARROW&BALL ショールーム https://www.farrow-ball.jp/showroom/#02

    ・FARROW&BALL 販売店 https://www.farrow-ball.jp/shoplist/

     

     

     

  • 自然を感じる心地よい空間に
    ハイブリッドなウッドデッキ用水性塗料 Wood Natural- Garden -(ウッドナチュラルガーデン)

  • 2022.7.27, , , ,

  • 近年、ウッドデッキやベランダに手を入れて、リビングと同じように過ごす『アウトドアリビング』を好む方が増えていますよね!

    国内外の家具ブランドでも、最近は外でも使える魅力的なソファやチェア、テーブルといった家具を相次いで発表しており、より注目度が高まっていることを感じます。

     

    そんな素敵なエクステリア用の家具やキャンプ用品からちょっとした家庭菜園コーナーなどにも合うオシャレなアウトドアリビング作りが、水性ステインの『Wood Natural -Garden- (ウッドナチュラルガーデン)』ならできますよ♪

    また、古くなったウッドデッキや木部のメンテナンスやDIYでの塗り替えにも最適です!

    今回は、ハイブリッドな Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン) 他のステインと比べてどんなところが良いのか、どんなところがアウトドアリビングのオシャレ度を高めてくれるのか、実際に利用されている方たちの事例や声もご紹介します。

     

    —————

    1.活用できていないウッドデッキを水性塗料を使ってアウトドアリビングに変身!

    2.Wood Natural -Garden- (ウッドナチュラルガーデン)が支持される3つのポイント

    3.コストパフォーマンスとメンテナンスについて

    4.ウッドデッキから冬の外壁まで!様々な施工例をチェック

    5.Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン)を使ったお客様の声

    —————

     

     

    1.活用できていないウッドデッキを水性塗料を使ってアウトドアリビングに変身!

     

     

     

     

    洗濯物の物干しや物置になっているいつものウッドデッキやベランダを、憧れのアウトドアリビングにしたい!いう声をよくお聞きします。

     

    『ガーデニングや家庭菜園で緑を楽しむ場所にしたい!』

    『みんなを呼んでバーベキューしたい』

    『ハンモックでゆらゆら、癒しの空間を作りたい』

    『リビングの延長で居心地の良い空間にしたい』

     

    そんな空間を作りたい方におすすめなのが、ハイブリッドなウッドデッキ用水性塗料の Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン) !

    DIYの経験がある方ならもちろん「DIYはしたことがない!」という未経験の方でも、簡単に使うことができる木部用の水性ステインです。

     

     

     

    2.Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン) が支持される3つのポイント

     

     

    Wood Natural -Garden-が支持される3つのポイント

     

     

    外で使うステインといえば、少し前までは油性ステインがメインで使われていましたが、今では環境面や使用する人たちへの考慮もされ、かつ機能も高い水性ステインに注目が集まっています。

    プロだけでなく、一般の方がウッドデッキなどでDIYで使うことも多くなってきたいま、Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン) が支持されるポイントが3つあります。

     

     

    Point1. 初心者でも簡単!安全で、臭わない

     

    ・臭いがほとんどない

    ステイン独特の臭いがほとんどない Wood Natural -Garden-(ウッドナチュラルガーデン) 。そのため、周りを気にすることなく安心して使うことができます。

     

    ・乾くのが早い

    他社の商品が乾燥時間約12時間に対し、 Wood Natural -Garden- (ウッドナチュラルガーデン)はなんと約3時間で乾いてしまうので、1日あれば気軽に塗り替えることができます。

     

    ・1回塗りで綺麗に塗れるのでDIYでのメンテナンス性抜群!

    油性のステインなら2回塗りは当たり前の工程ですが、 Wood Natural -Garden- (ウッドナチュラルガーデン)なら1回塗りで簡単かつきれいに仕上げることができます。労力が半分になるだけでも大助かりですよね!