• 入社1か月目スタッフのQ&A☆

  • 2016.1.30,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン受付中! 2月・3月は”親子割”☆≫

    2月日程  ⇒ 6日(土)・9日(火)・17日(水)・20日(土)・26日(金)

    3月日程  ⇒ 1日(火)・5日(土)・11日(金)・16日(水)・19日(土)・22日(火)

    時間 10時半~12時/通常1800円(税込)・親子割ではペアで2,000円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ※親子割・・・大人1人・小学生以下の子ども1人のペアで、2000円となります。

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです☆

     

    「雪降った!電車が止まった!暖かくなった!また寒くなった!!」

    慌ただしく毎日を過ごしていたら、

    なんということでしょう・・・

    あっという間に新年から1か月が経過しようとしています。。

     

    年齢を重ねれば重ねるほど、

    刹那的に過ぎていく時間の大切さが

    じわじわと身に染みてくるものなんですね><

     

    ところで、カラーワークスの東神田ショールームには、

    この1月、きっと誰よりも、

    時間を早く感じたであろうスタッフが一人いるんです。

     

    それは、もうすぐ入社1か月を迎える新しいスタッフの佐久間さん^^

     

    カラーワークスに入るスタッフは異業種からくる人が多いので、

    業界用語や専門的な知識に慣れるまで、

    最初のうちは、わからないことも多いんですよね^^

     

    でも、色のことやペイントのことがわかるにつれて、

    もうどんどん魅せられて♡

    楽しくなっちゃう時期でもあります^^

     

    今まさにその時期の佐久間さん。

    きっと、ペイントに興味を持ちはじめた方たちと

    共感できる部分も多いのでは?

     

    そこで今回は、今だからこそ

    「気になっていること」「感じていること」「聞きにくいこと」など、

    佐久間さんからの疑問をズバリ聞いてみました☆

     

     

    まずはわからない業界用語とか無いかなと

    近づいてみると、付箋がいっぱいの机の前で頑張ってました^^

     

     

    0 (2)

     

     

    佐久間Q:

    「事務所内で飛び交う「平米」「ガロン」「クォート」など、

    聞きなれない単位がいっぱいで慣れません(><)!!」

     

    A:

    確かに、「平米(㎡)」は不動産用語で聞きなれないですよね。

    慣れないのは、慣れるしかありませんが(笑)

    お客様の中にも、ご自宅の壁が何平米かわからない・・・

    とお問い合わせを頂くことが少なくありません。

     

    これは単純に「平面」の広さを表す単位で、本当によく使います。

    でも、計算は至って単純明快☆

    なぜなら、壁の『縦幅』と『横幅』を掛け算するだけなんです♪

     

     

    beginner-step03_p02

     

     

    例えば、

    『塗りたい壁の幅 3.6m × 天井高 2.4m=8.64平米』

    といった感じで、あっという間に答えがでます。

     

    また、カラーワークスウェブサイトでは、

    平米数の目安となる表も用意しています。

    とりあえずの数値が知りたい方は、TOP画面の右上にある

    For Beginners 初めての方へ」のSTEP3に記しているので、

    そちらで確認をしてみて下さい♪

     

     

    t_banner01_rollover

     

     

    ちなみに、ペイントの量を表す単位の「ガロン」や「クォート」は、

    商品によっては「L(リットル)」で表示されてることもあります。

    買いたい商品の容量のラインナップを見て、

    その量だとどのくらい塗れるのかチェックをして下さいね☆

     

    さて、続いてはこんな感想を。

     

    佐久間Q:

    「これってスタッフみんなの手作りなんですか?!」

     

     

    4f-suede-w

     

     

    A:

    そうです♪

    スタッフみんなで塗ったり、

    いつもお世話になってる職人さんに手伝って頂くことも^^

     

    上の写真は、4Fパレットギャラリーの壁ですが、

    ここはスタッフの佐々木さんと灰野さん二人で塗った

    テクスチャ―ペイントのスウェードが塗られているんです。

     

    スウェードには細かい砂が含まれていて、

    ローラーをした後に粗目の刷毛で×の後をつけたり、

    擦ったりして、ランダムに荒らしていくことで、

    下の写真のような皮のスウェードのバックスキンのような

    テクスチャー感を出すことができるペイントなんです☆

     

     

    4f-suede-up-w

     

     

    そしてなんと佐久間さんが、

    いま一番興味があって塗ってみたいのが、

    まさにこのスウェードなのだそうです。

     

    この壁を最初に見たときは、

    「デジタルプリントかと思うくらいクオリティが高いのに、

    近くで見ると凸凹があって、

    しかも照明によって作り出された優しい陰影が、

    すごく落ち着く空間を作ってくれてますね♡」

    と、ひと目でスウェードファンになってしまったそうですw

    しかも特殊な技法で素人では塗れないかと思いきや、

    スタッフが塗ったと知り、更に驚いていたそうですよ^^

     

    他にもペイント系では、こんなアルアルな驚きも↓↓↓

     

    佐久間Q:

    Hipの1488色の在庫をそれなりの量保管するとなると、

    とんでもなく広い倉庫を構えているんでしょうね~;」

     

     

    3f-hip-colorchart-w

     

     

    A:

    これもよくお客さまから言われるのですが、

    Hipは受注後に、ひとつひとつ調色してるんです☆

     

    まさか調色をしているとは思っていなかったらしいですが、

    本社・ファクトリーだけじゃなく、

    東神田ショールームでも調色が可能なんですよ♪

     

    さっそく佐久間さんもお客さまからのご指定の色を

    調色してみたそうです^^

    ものの数分でオリジナルカラーが出来上がり、

    びっくりだったそうです(笑)

     

     

    3f-mixing-w

     

     

    3Fショールームでは、こんな質問も・・・

     

    佐久間Q:

    「床に転がってるこれって、何ですか?」

     

     

    3f-opener-w

     

     

    A:

    これは、ペイント缶の蓋をあける『缶オープナー』。

    なくしてしまわないように繋がれていますがw、

    このアイテムがあると、缶を開けるのがとっても楽ちんです♪

     

     

    3f-opner-up-w

     

     

    東急ハンズなどでも置いていますが、

    わざわざ購入しなくても、

    マイナスドライバーを使ったり、

    なんと10円玉を使って開けることもできますよ♡

     

    さて、今度は2Fのショールームへ移動。

    Farrow&Ballの印象を聞いてみました。

     

    佐久間:

    「とにかく洗練されている、

    Farrow&Ballの世界観を見事に具現している、

    と思ったのが第一印象でした。」

     

     

    2f-full-wp-fun-w

     

     

    佐久間:

    「ショールームに来られるお客様は、

    Farrow&Ballの世界観に圧倒されるとともに、

    もしかすると、お値段的な事を含めて

    我が家で使うには少しハードルが高い?

    なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。」

     

     

    f&B-snuggle-natural-w

     

     

    佐久間:

    「でも、私はFarrow&Ballほど気さくで、

    Farrow&Ballほど自分に優しく、

    そしてナチュラルに寄り添ってくれる塗料は

    他にはないのでは?と感じています。」

     

     

    f&B-snuggle-natural2-w

     

     

    A:

    その通りだと思います。

    2FのFarrow&Ballショールームに来たお客さまが、

    同じように感じてもらえるように、

    私たちも精一杯フォローさせていただきますね^^

     

    さて、1000種類以上もあるFarrow&Ballの壁紙の中から、

    佐久間さんのお気に入りの柄を選んでもらいました。

     

     

    myfavorit-no1-w

     

     

    今一番のお気に入りは、

    HORNBEAM(ホーンビーム) BP5007』だそうです。

     

    英国の田園風景の象徴ともいえる

    雲のようにカットされている生垣を

    Farrow&Ballならではのデザインに落とし込んだ柄です。

     

    彼女はこの柄から、

    好みのPOPなインスピレーションを受けたのだそうです♡

    広範囲で使用するとエレガントな印象に変化するのも

    醍醐味の一つだとお話ししていましたよ♪

     

    最後に佐久間さんから、こんなお話しがありました。

    あるお客様から、こんなお問合せを受けたそうです。

     

    “引っ越しにあたりペイントを検討しているけど、

    設計、施工業者、誰に言えば使ってくれるのか?

    自分で持ち込んだ方が良いのか?”

     

    実は、佐久間さんも自宅を購入する時、

    同じ疑問にあたったのだそうです。

     

    建売住宅を購入したため、

    壁紙を選ぶこともできず、建設会社にも言いにくい雰囲気。。

    自分で塗るしかないか、、と思っていたそうです。

     

    でも、ただでさえ引っ越しだけでも大変なのに!

    入居前に自分で塗っておく時間も取れない(><)と、

    あきらめていたそうです。

     

    こういう悩みを抱えている方は多いですよね。

    初めてペイントする方が、

    引っ越しを控えて忙しい中、ペイントにチャレンジするのは

    とっても大変なことだと思います。

     

    建売じゃない方はまず、設計さんに提案してみましょう。

    そのための資料やサンプルは、

    カラーワークスからお送りすることができますし、

    設計さんと私たちが直接やり取りする場合も、

    たくさんあるので安心してください^^

     

    施工業者さんは、設計さんから指示が行くので、

    その前の段階が一番良いでしょう♪

    また、オーナーさん支給でペイントや壁紙を

    ご購入する方法もありです。

    ただ、他にもいろいろ決めることがあると思うので、

    前者の方がきっとオーナーさんは楽かと思いますよ☆

     

    また、建売の場合ですが、

    やはり壁紙を変えてもらうのは難しいですよね。

    そうなると、一番コストもかからず、

    好きなタイミングで塗ることができるDIYが一番いいでしょう。

     

    でも、自分でペイントをしなければいけない場合、

    きっと段取りや綺麗に塗れるか、など

    戸惑うこともたくさん出てくると思います。

     

     

    そんな時は、カラーワークスでも人気の

    ペイントサポート“ディバース”を使ってください^^

     

    ディバースは、ペイントインストラクターがご自宅まで伺い、

    朝から夕方の一日をかけて、

    ペイントのノウハウをお伝えしながら、

    一緒にペイントをしていくというサポートになります。

     

    プロにコツ教えてもらうだけで、

    驚くほど手間が省けたり、綺麗に塗れたりするので、

    きっとお役に立てると思います♪

     

    また、本番前に色選びをサポートする時間もついています。

    専門のスタッフが、ご希望のテイストを聞きながら、

    色選びを手伝ってくれるので、

    より安心してチャレンジできると思います。

     

    なお、カラーワークスのペイントは、

    建売住宅でよく使われている一般的なビニールクロスの上にも、

    綺麗にペイントをすることができるのでご安心を☆

    (※稀にプライマーが必要なビニールクロスもあるのでご相談ください)

     

    最後に、佐久間さんにカラーワークスの印象を聞いてみました。

     

    佐久間:

    「スタッフの皆様が本当に愛のあるスタッフさん達ばかりで、

    対応が丁寧だと思いました。(←これは嬉しいですね~♡ by.K)

    また、どんな案件であってもひとつの商品がお客様に届くまで、

    ストーリーがあるな、と日々感じています。」

     

     

    step-moire-w

     

     

    営業として新しいメンバーとなった佐久間さんも、

    きっともう少し経ったら、

    この感想と同じように感じてもらえるスタッフになると思います^^

    ショールームで見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね☆

     

     

    さて。

     

    皆さんも、こんな質問していいのかな・・・

    というレベルの質問、お腹に溜めていませんか???

    もやもやしていることがあったら、

    なんでも相談してくださいね♪

     

    いつでもお待ちしています☆

     

     

    Staff.K