• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • [FARROW&BALL]本日解禁!9つの美しい新色

  • [FARROW&BALL]本日解禁!9つの美しい新色

  • 2016.4.01,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン受付中!新しい色で春を迎えましょう♪≫

    4月日程  ⇒ 9日(土)・12日(火)・23日(土)・27日(水)

    5月日程  ⇒ 2日(月)・11日(水)・21日(土)・26日(木)

    10時半~12時/お一人 1800円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです!

     

    私たちスタッフも心待ちにしていたこの日が、

    とうとうやってきました♪

     

    約3年ぶり、英国のペイントブランドFarrow&Ballから

    美しい9つの新色が登場です☆

     

     

    all-286EEG_283EEG_288EEG_290EEG_282EEG_289EEG_284EEG_287EEG-&-285EEG

     

     

    Farrow&Ballの132色のカラーパレットは、

    約3年ごとに色が9色ずつ入れ替わるのですが、

    それは、Farrow&Ballのエキスパートが集まる

    少数精鋭のチームによって、

    3年間もの時間をかけて慎重に考えられ、発表されます。

     

    新しく入る色は、その時代の雰囲気を読み取りつつ、

    Farrow&Ballというフィルターを通して表現されますが、

    昔からあるカラーパレットにも難なく馴染み、

    かつ皆さんが(もちろん私たちも!)、

    確実にトキメク色に仕上がっているんですよね♪

     

    そして、2016年、

    そんな気持ちにさせてくれる最高の9色が、こちら ↓

     

     

    100282_Shadow-Whitew100283_Drop-Clothw100284_Worstedw

     

    100285_Cromartyw100286_Peignoirw100287_Yeabridge-Greenw

     

    100288_Vardow100289_Inchyra-Bluew100290_Salon-Drabw

     

     

    ソフトなニュートラルカラー、

    落ち着きのあるパステルカラー、

    しっかりと存在感のあるブライトカラーと

    豊かなダークトーンのカラー・・・

     

    新しい9色は、とても自然に、

    このカラーファミリーを補完すべく追加されています。

     

    上でも書きましたが、

    この新色を加える上で欠かせないのが、

    いわゆる”時代の流れ”を読み取ることです。

     

    今回の色をつくる上で、Farrow&Ballのチームが感じたのは、

    今まで以上に”家庭回帰”の影響が強いこと。

     

     

    all-282,285,286&284EEM

     

     

    中でも、”楽観的につくれるインテリア”であると同時に、

    “控えめながら、成長を感じさせる”気分がポイントに。

     

    これは、Farrow&Ballのルーツに戻っている感じさえあり、

    実際に今回の9色は、アーカイブに根差した

    “クラシックなFarrow&Ball“を踏襲しているそうです。

     

     

    all-290EEM_287EEG_272EEG_265FP_2

     

     

    特に、新しいホワイト系統の色と濃いブラウンのNo.290 Salon Drabは、

    その傾向が顕著だそうですよ^^

     

    さて。

    Farrow&Ballの色には、アーカイブ色含めて、

    それぞれがユニークなストーリーがあり、

    個性的な色名が付けられています☆

     

    今回の新色もまた、その背景を想像してしまうような、

    素敵な名前とストーリーが隠されているんです。

    ここからは、新しい9色を紐解いていってみましょう♪

     

     

    No.282 Shadow White/シャドウホワイト

    100282_Shadow-Whitew

     

     

    Farrow&Ballのホワイトシリーズは、

    とても人気が高いのですが、

    その、最後の1ピースを埋めるニュートラルカラーとして

    Shadow Whiteが生まれました。

     

    これは、No.201のShaded Whiteを少し明るくした色で、

    この2色を一緒に使うと完璧なコントラストができます♪

     

     

    282EEM_265FP1282-sub1

     

     

    ちなみに、壁や木部に、

    明るめのニュートラルカラーをあわせたい方は、

    このグレイッシュなShadow Whiteがぴったりです♡

     

    ニュートラルカラーではありますが、

    この色には「黄み」がないので、

    どんなスタイルの家でもフィットしつつ、

    今の時代の雰囲気もうまく感じさせてくれるでしょう♪

     

     

    No.283 Drop Cloth/ドロップクロス

    100283_Drop-Clothw

     

     

    ペインターがペイントをする時に使う、

    養生クロスの色を表現したのが、Drop Clothです。

     

    これは、No.282 Shadow Whiteとは逆に、

    No.201 Shaded Whiteをワントーン暗くした色で、

    この3色を使うことで、よりパーフェクトなコントラストを作り出します。

     

     

    283EEM_282EEG_265FP1283-sub

     

     

    Farrow&Ballの中でも人気の高い、

    No.4 Old White、No.264 Oxford Stone、

    そして、No.229 Elephant’s Breathと同じレベルのトーンなので、

    この色も今後人気が出そうだと

    エキスパートチームの方が予測していました♪

     

    確かに、このあたりの色は、

    太陽の傾き、日向、日陰のちょっとした差で、

    だいぶ色の見えが変わる繊細なカラーライン☆

     

    Kの勝手なイメージではありますが、

    この辺りの色が生み出すニュアンスは、

    知性も色気も感じる不思議さがあります。

     

    一日同じ部屋で過ごしていても、

    きっと皆さんを飽きさせない色だと思いますよ^^

     

     

    No.284 Worsted/ウーステッド

    100284_Worstedw

     

     

    この色は、今まで常にリクエストされていた色だそうです。

    Farrow&Ballのギャップを埋める最後の色。

     

    Farrow&Ballのグレイッシュカラーは、

    いまだとても熱狂的なファンが多く、

    世界中たくさんの方に愛されているんですよね^^

     

     

    284EEM_282EEG_2

     

    284-sub1

     

     

    ちなみに、このWorstedという名前。

    腰の強い梳毛糸を使ってつくられた織物をWorstedと呼びますが、

    そもそもこれは、イギリスノーフォーク州のウーステッドで

    初めてつくられたことから付けられているそうです。

     

    こうして耳にしてみると、

    インスピレーションの元となった街を一度歩いてみたいな、

    と思わせるような色合いですね^^

     

     

    No.285 Cromarty/クロマーティ

    100285_Cromartyw

     

     

    濃い霧からインスピレーションを得ているCromarty。

    カラーパレットの中にはもう一つ、

    霧からインスピレーションを受けているNo.266 Mizzleという色がありますが、

    今回は、『海の霧』にこだわって作られているんですよ♪

     

    可愛くて使いやすい色で、

    どのようなお部屋に塗っても柔らかさをもたらしてくれます。

     

     

    285EEM_286EEG285-sub1

     

     

    部屋を少し明るくしたいけれど、

    No.205 Skylightほどクールな印象にはしたくない方へ。

     

    大きなキッチンに、今回の新色 No.282 Shadow Whiteと

    あわせて使っても良いらしく、

    Farrow&Ballのクラシック感がよく表現されている色だそうです^^

     

     

    No.286 Peignoir/ペニョワール

    100286_Peignoirw

     

     

    ご婦人が寝室で髪の毛をとかす時に着ていた

    シフォンガウンからインスピレーションを得ている色がPeignoirです。

     

    とっても優しいピンクに、

    Farrow&Ball独特のグレーを足すことで、

    大人のロマンチックな雰囲気を

    とことん醸し出してくれる色なんです♪

     

     

    286EEM_284EEG

     

    286-sub

     

     

    この色は、伝統的な色に見えるかもしれませんが、

    実は流行の色でもあるそう。

    寝室でももちろんぴったりですが、

    居間などでも美しく彩ってくれます。

     

    No.241 Skimming Stone やNo.229 Elephant’s Breathのような

    現代的なニュートラルカラーとあわせてもいいですし、

    反対側にあるNo.222 BrinjalやNo.271 Brassicaのような

    こっくりとした色ともあうそうです☆

    皆さんは、どちら派ですか???

     

     

    No.287 Yeabridge Green/イヤーブリッジグリーン

    100287_Yeabridge-Greenw

     

     

    サマセット州にあるジョージア王朝時代の農家のキッチンで、

    銃を保管していた棚を退けたときに発見された色です!

     

    長年放置されていたにもかかわらず、

    この家を取り囲む緑豊かな植物たちを

    おもわず連想してしまうほど、

    フレッシュで、鮮明でな緑色なんです。

     

     

    287EEM_288EEM_282EEG_265FP

     

    287-sub

     

     

    No.32 Cooking Apple Greenよりも強めで、

    少し洗練されてた印象のある、

    現代にぴったりのYeabridge Green。

    これほど青々とした緑は、この色が初てだそうです!

     

    家の中で、気分があがるような緑を探しているなら、

    まずはYeabridge Greenを^^

    包容力のあるグリーンなので、

    今までずっと愛してくださっているFarrow&Ballファンも、

    きっと満足すること間違いなしです♪

     

     

    No.288 Vardo/ヴァード

    100288_Vardow

     

     

    中欧から東欧にかけて、移動しながら生活を送るロマ族の

    馬を引かせるタイプのワゴン(家)をVardoと呼びます。

     

     

    ヴァード

    (参考写真)

     

    今でいう、キャンピングカーのようなものでしょうか^^

    このVardoに施された装飾は、

    文化的に受容性をもっているのだそうです。

     

    それをFarrow&Ballのフィルターを通して表現をすると、

    見るだけで元気ができて、

    とたんに笑顔になってしまうような色になりました☆

    人生を楽しむ色だそうですよ^^

    (そんなこと言われたら使わずにはいられませんよねw)

     

     

    288EEM_282EEG_2

     

    288EEM_282EEG_4

     

     

    明るめのNo.242 Pavilion Grayと使うと、

    驚くほどほどエレガントになり、

    暗めのグレーであるNo.26 Down Pipeと使うと、

    スーパーセクシーな組み合わせに♪

     

    ちなみにVardoは特に、夕方の太陽の光に美しく反射するため、

    西向きのお部屋にも向いているそうです♡

     

    この辺りの色は、日本でも好きな方が多いのでは??

    ここ数年のFarrow&Ball

    カラーチャートを見返しても無い色だったので、

    人気がでそうですね^^

     

     

    No.289 Inchyra Blue/インチャイラ ブルー

    100289_Inchyra-Bluew

     

     

    これは、スコットランドにある美しくクラシカルな建物の

    ジョージアンインチャイラハウスのために、

    特注でつくられた色からインスピレーションを得ています。

    (※ジョージ王朝時代の建物を2013年に復元)

     

     

    289EEM_282EEM

     

    289EEM_284EEG

     

     

    青?グリーン?グレー?

    どの色にも見えるInchyra Blueは、

    今までFarrow&Ballのカラーパレットに入れるには、

    難しい色だったそうですが、

    上のようなことから、ジョージ王朝時代の色からヒントを得て、

    上品さと色の深さをもって生まれました。

     

    伝統的でありながら、

    インテリアではNo.26 Down Pipeのように、

    現代的な色として効果を発揮してくれる色になりそうです♪

     

     

    No.290 Salon Drab/サロンドラブ

    100290_Salon-Drabw

     

     

    この色もまた、お客様から熱望されていた色のひとつだそうです。

    No.289 Inchyra Blueのように、

    ジョージ王朝時代のコテージからとってきたようなSalon Drab。

     

    この色名は、文化的で、知的な会話が飛び交う”サロン”と

    くすみのある茶色を表す”ドラブ”の

    2つの用語を組み合わせて作ったそうですよ^^

     

     

    290EEM_287EEG

     

    290-sub

     

    赤ベースのNo.264 Oxford Stone、黄ベースのNo.8 String、

    どちらのニュートラルカラーにあわせても、

    アクセントとしてあう色です☆

     

    また、この暗さは、

    家の中にいる時、とても居心地の良い気分にしてくれるそうです。

    その色をもっともっと感じるには、北向きのお部屋が最適とのこと!

     

    柔らかい照明とあわせたら、

    ぼんやりとチョコレート色の壁に反射しそうで、

    徹底的に自分自身を包み込んでくれそうなイメージですよね♪

    Kなら、ココアと毛布を持って、くるまって本を読みたい♡

    と、そんな妄想をしてしまう色でした(笑)

     

    さて!

    9色の中で、お気に入りの色は見つかりましたか???

     

    もっと知りたい!と言う方には、

    この色について、詳しく説明してくれている

    Farrow&Ballの動画があるので、ご紹介します^^

     

    Farrow&Ballのエキスパートチームの一員である

    インターナショナルカラーリストのJoaさん。

     

     

     

     

    Joaさんは、

    Farrow&Ballの色は、それぞれの色が、

    それぞれを補完しあって、魅力的な空間を作り上げるようにできている」

    と最後に話しています。

     

    ひとつの色だけで完成する空間って、

    日常にはありえませんよね^^

     

    壁×ドア、家具、モールディング、腰板、ファブリック、床など、

    Farrow&Ballカラーを徹底的に組み合わせることで、

    皆さんらしい表情の出る空間を作りこんでいってください♪

     

    なお、中々思いつかない方のために、

    相性の良い色の組み合わせのヒントが

    日本版のFarrow&Ball ウェブサイトのリリースで、

    ご紹介しています。

     

     

    fbjp-re

     

     

    下の方にスクロールをしていくと、

    右下のピンクの点で囲んでいるところがそうです。

     

     

    fbjp-macching

     

     

    全部で、4パターンご紹介をしているので、

    どれが自分らしいのかチェックしてみると良いと思います♪

     

     

    No,287-sub2

     

     

    この色にしてみようかな?と大方決まったら、

    今度はサンプル缶(有料)で、

    色の見え方を確かめてみましょう。

     

     

     

    fbjp-samplepot

     

     

    サンプル缶が届いたら、A4サイズ程度の紙に塗り、

    実際に塗る予定の壁に貼ってみて、

    時間帯によって、色がどう見えるのか、思った通りか、

    確かめてみてくださいね☆

    サンプル缶のお求めはこちら

     

     

    それにしても・・・・

     

     

    IMG_1095

     

     

    新しい色が加わったカラーチャートを片手に、

    「新色のうち、どの色を自分のお気に入りに加えようかな~^^」

    と、過ごす時間の幸せなこと♪

     

    新しい時代の雰囲気や

    背景のストーリーを感じさせる新色の発表は、

    いつもワクワクがとまりません><

     

    皆さんにも、2016年のFarrow&Ballの新しい色たちを

    気に入っていただけたら嬉しいです♡

     

     

    Staff.K