• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • DIY + Up Cycleで、自分らしいカラーBOX作り

  • DIY + Up Cycleで、自分らしいカラーBOX作り

  • 2015.7.12,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ≪7月・8月のペイントレッスン≫大人気の『ペア割』の特典あり!

    7月日程 ⇒ 17日(金)・21日(火)・30日(木)

    8月日程 ⇒ 8日(土)・11日(火)・22日(土)・26日(水)

    時間 10時半~12時/通常1800円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ※ペア割・・・2名以上でご参加の方はレッスン料が”1500円/人”となる特典です。

     

     夏 季 休 暇 の お 知 ら せ ≫

    8月12日(水)~8月16日(日)は、夏期休業とさせていただきます。

    ※8月7日(金)までにご注文頂いた商品は、8月11日(火)までに発送いたします。

    ※オンラインショップ 及び 楽天ショップからのご注文は、

     8月6日(木)までのご注文で夏期休業前の発送となります。

    ※在庫状況により別途ご相談させていただく可能性があります。

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです♪

     

    関東地方は、久しぶりの晴れ☆でしたね!

    Facebookを覗いてみると、

    気持ちの良い今日の天気のことをUPしている人がたくさん^^

    改めて、青空が私たちの心に与える

    影響力を思い知らされます☆

     

     

    さて!

    今日は、お部屋にちょっと置いているだけで、

    可愛いインテリアの一部になる、

    こんなステキな棚のご紹介を♪

     

     

    09

    photo by. 高島空太

     

    実はこの棚、元々は何の変哲もない、

    ごく普通のカラーBOX。

     

     

    からーぼっくす

     

     

    このカラーBOXに、お気に入りの色を塗ったり、

    木材やパーツをちょっと加えていくだけで、

    自分らしいインテリアを彩ってくれる、

    愛すべきアイテムに変身するんです☆

     

    実はこのカラーBOX、

    主婦の友社から発行されている『DIYで自分らしい暮らし』から

    参考にさせていただきました♪

     

     

    表紙

     

     

    この本が出版されたのが2013年なので、

    もしかしたら知っている!持っている!

    という方もいるかもしれませんね^^

     

    これは、インテリアをDIYでちょっと手を入れるだけで、

    自分らしいインテリアができてしまう、

    そんなヒントがたくさん紹介されている本なんです。

     

    今回は、中でも使用頻度が高く、

    どこのご家庭にもひとつはあるだろうカラーBOXを

    “パリっぽくリメイク”というページを選んで挑戦してみました!

     

     

    レシピ

     

     

    読み終わったあと、

    「そういえば、うちにも手つかずのカラーBOXがあったかも・・・」とよぎった方は、

    ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね☆

    では、さっそく工程を見ていってみましょう!

     

     

    まずは、表面のやすり掛けから!

    カラーBOXは元々傷に強くできているため、

    つるっとした仕上りの表面になっていることが多いのですが、

    そのままペイントを塗ると、塗料まで弾いてしまうんです。

     

    ですので、装飾を色々取り付ける前に、

    表面によくペイントが付くように、

    紙やすりでゴシゴシと目粗しをしておきましょう♪

     

    ちなみに、これからカラーBOX本体に取り付ける予定

    集成材も一緒にやすりを掛けておくとGOODです!

     

    木材は、塗料を含むと木の表面が毛羽立ち、

    表面がざらざらしてしまいがちです(><)

    ササッと紙やすりを掛けておくだけで、

    そのザラザラがかなり収まりますし、

    ささくれもなくなるので、ここでやっておきましょう☆

    ちなみに、紙やすりは180番~240番程度がいいですよ^^

     

     

    03

     

     

    次は、カラーBOX本体へ、集成材を取り付けていきます。

    (集成材はファルカタ集成材を使用)

    天板も手前の棚の縁に付ける板も、

    強力な両面テープで貼りつけるだけでOKです!

    なんて楽チンな工程☆

     

     

    01

     

     

    木材を貼っただけなのに、

    ちょっと雰囲気が出てきましたよね~3

     

     

    04

     

     

    ちなみに、キャスター付きの棚にしたい場合は、

    頑丈になるように、更に底にも集成材をつけてから(これはドリルで)、

    四つ角にキャスターを取付しましょう☆

     

    この状態になったら、いよいよペイントです!

    塗料が垂れないように、新聞紙などを敷いておきましょうね^^

     

    ちなみに今回使ったのは、Hip mini

     

     

    hipmini

     

     

    色は、PEACE Colorから、“PC109 リバティ”をチョイスしました。

    このグレイッシュなグリーンが、

    何とも言えずフレンチな雰囲気を醸し出しています^^

     

     

    8614M_ShadeTree_H18

     

     

    このHip miniですが、

    インテリアにあう色が39色揃っているだけでなく、

    直接ボトルに刷毛(25mm程度)やローラーを入れて使える手軽さは、

    スタッフの実感値から言っても、かなりポイント高です!

     

     

    IMG_3239w

     

     

    この程度のちょっとした塗装なら、

    パパッと終わらせたいじゃないですか♪

    Hip miniなら容器に塗料をわざわざ入れることなく、

    そのまま使えるので、洗い物が劇的に少なく、

    ほんっとうに楽なので、プチDIYにはおススメです☆

     

    さて、実際に塗っていく順番ですが、

    これは壁と同じで、刷毛からスタートです。

    ローラーでは届かない隅などを塗っていきましょう!

     

     

    05

     

     

    隅の処理が終わったら、いよいよローラーです。

    ローラーの段階になると、一番楽しいせいもありますが、

    作業が早く、あっという間に終わってしまいます☆

    (この作業が楽しすぎて、時間が加速してしまうという話しも 笑)

     

    ちなみに、下の写真では4インチの短毛のローラーを使用しています。

    こうした棚や椅子などに塗る時は、

    大き目でたっぷりつくローラー(中毛~中長毛の6インチ)も良いですが、

    細かく作業がしやすい短毛の4インチを使った方が、

    グンと作業がしやすいのもポイントです♪

     

     

    06

     

     

    全面に取り付けた板の部分にも、

    小回りのきくローラーで塗り塗りと^^

     

    ちなみに、今回は本の作り方を参考にしてみたのですが、

    私たちが作る時は、組み立てる前にペイントをしてしまいます。

    その方が、塗り方が簡単で、かつ仕上りが綺麗なので、

    良かったら参考にしてみてくださいね♪

     

     

    07

     

     

    全体的に、ペイントの作業をスタートして、

    2回塗りをして乾燥するまで、大体1時間半程度でしょうか。

    次は、棚に取り付けた3か所の板部分に、

    ネームタグをビスで留めていきましょう。

    ドリルでなら、スグ完了です☆

     

     

    08

     

     

    こうして出来たのが、一番上でもご紹介した写真なんです。

    いつもお世話になっているカメラマンの高島空太さん

    素敵な事例として撮影していただきました♪

     

    背景には同じくHip miniの中から、

    LC016 パレットイエローをチョイス!

    元気なイエローのアクセントウォールに、

    グレイッシュで落ち着きのあるグリーンのリバティを併せることで、

    お互いをひき立てていますよね♪

     

     

    7705A_yrite_D23_LH_Int.Only8614M_ShadeTree_H18

     

    09

    photo by. 高島空太

     

    ちなみに、この後もうひとつ作ってみましたよ^^

    塗った色はLPC200 ホワイト^^

     

     

    白も作ったよ!

    photo by. 高島空太

     

    下に濃い色を塗っていても、

    2回塗りすると透けたりせずにカバーして、

    どんな色でも楽しめるのがペイントの魅力のひとつ♡

    ホワイトに飽きたらまた違う色でペイントしてもいいですよね♪

     

    さて、ここにも同じようにネームプレートを付けてみます。

     

     

    白も作ったよ01

     

     

    今度の壁の色は、

    先ほど塗ったHip mini PC109 リバティを。

    白い棚を併せると、爽やかで穏やかな空間に。

     

     

    白も素敵

    photo by. 高島空太

     

    部屋の雰囲気を自分らしくしたいけど、

    賃貸物件だから中々できない><、

    また、壁を塗るのは大変そうだから手軽なものからやってみたい、

    と言う方などは、このカラーBOXを塗る方法はおススメです!

     

    もし元々おうちにあるカラーBOXを使うなら、

    更に価値をあげるアップサイクルにもなります。

     

    全体の作業時間としては2時間程度で終わりますし、

    どんな色にしようか選ぶ作業さえも、とても楽しめます♡

    もうすぐ夏休みが始まるので、

    夏休みのお子さんの作品として

    チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね♪

    親子でぜひ楽しんでください^^

     

     

    Staff.K