• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • 思いっきりインテリアカラーを楽しもう!

  • 思いっきりインテリアカラーを楽しもう!

  • 2017.12.15,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン☆ いま、子ども部屋の塗り替えが増えてます! 

    ▶︎1月 →  20日(土)・27日(土)

    10時半~12時/お一人 1800円(税込)/要予約 → 詳細はこちら

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 

    ■C&Cフィニッシングアカデミー 講習スケジュールをチェック!

    デザインコンクリート、特殊塗装、色、営業のノウハウを習得! → ★★C&C★★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです♪

     

    12月も中旬に入り、年の瀬が迫ってきましたね^^

    忘年会などでおうちにゲストを招く機会も増えているのでは?

     

    そこで今回は、家族だけでなくゲストにも満足してもらえるような

    サプライズなインテリアカラーをご紹介します☆

     

    ではまず、すぐ間近に迫ってきた

    クリスマスを楽しむスタイルをみてみましょう^^

     

     

     

     

    クリスマスといえば、グリーン×レッドの黄金パターンがありますが、

    上の写真事例では赤がほとんど見当たりません。

     

    シックなグリーン一色の壁に、モダンな黒の靴下、

    ニュートラルカラーのフロアカラーという穏やかな空間で目につくのは、

    ここだけ煌びやかなクリスマスツリーのオーナメントと、

    暖かいキャンドルの光。

     

    インテリアに意図的にフォーカスポイントを作ることで、

    このお部屋が一気に特別な空間へと様変わりました。

    全体的にシンプルで穏やかなインテリアが多い日本の住宅でも、

    フォーカスポイントを作る効果は使えますよ^^

     

     


     

     

    クリスマスらしい赤も青みの同系色でクールにまとめるとカッコよく☆

    他にも、鮮やかな青や黄色でも少量を散りばめることで、

    楽しげな空間を演出することができますよ♪

     

     


     

     

    また、近年人気の高いダークカラー。

    大面積に取り入れるには勇気がいるトーンかもしれませんが、

    大人の空間を作り上げる素晴らしい引き立て役となってくれます。

     

    それに、ダークカラーは壁じゃなくてもぶっちゃけOKです。

    家具や椅子など、少量でも十分存在感があります。

     

    ダークなトーンは、重厚感や高級感を感じさせるので、

    上左の写真のようなクリスマスの靴下だって、

    ブラック系をチョイスするだけでフォーマルな印象が漂ってくるのは、

    まさにカラーマジック!と言ったところでしょうね♪

     

    さて!

    次のインテリアカラーを楽しむテクニックは、

    「ひとつの壁を何色かで塗り分けてしまう」こと☆

     

     

     

     

    日本でも、ウォールペイントがだいぶ認知されるようになりましたが、

    壁は1色の色で塗らなければならないという

    ルールめいた認識がどこかにあったと思います。

     

    でも、壁ってキャンパスのようなのですよ♪

    お気に入りの1色でキメるのも勿論素敵ですし、

    塗り分けをすることで空間に動きや奥行きがうまれ、

    非常に遊びにあるスペースへと変化します。

     

     

     

     

    まずはシンプルに、ハーフペイントするだけでも変わってきます☆

    上の写真のように単色だともしかしたら地味な印象の色でも、

    白とあわせることで、途端に下の色が際立ち、

    お部屋に動きがでてきます^^

     

    こうした直線で区切ったハーフペイントから一歩踏み込んだペイントが、

    下のようなギザギザしたタイプのもの。

     

     

     

     

    テクニックとしては、マスキングテープで形作るだけなので、

    意外と簡単にできてしまうのもポイント!

    子供部屋で取り入れている例をよく見かけますが、

    選ぶ色が穏やかなトーンでも形が鋭角的なので、

    大人しい印象にはならないのもGOOD。

    遠くの山肌を眺めているような見え方も可愛いですよね♪

     

     


     

     

    もし皆さんのおうちに、

    奥まったスペースや勾配天井が部屋にあるなら、

    それはもう色で攻めるには絶好のスペースに☆

     

    上の2枚の写真のように、

    特殊な形状だからこそ、色も他とは区別することで、

    特別な場所とすることができるのです。

    家の中にそういう場所がないか、ぜひ探してみてくださいw

     

    私たちのお客様にも、実にクールに塗り分けし、

    素敵なディスプレイをされている方がいらっしゃいます。

     

     

     

     

    Y様邸では、印象的な色を組み合わせつつ、

    ホワイトのラインでセパレートすることで、

    よりグラフィカルなフォーカスポイントを作られました♪

     

    壁の大きさとしてはそれほど大きくはないのですが、

    壁以上に大きく存在感のあるスペースに、魅入ってしまいます^^

     

     


     

     

    ちなみに、東神田ショールームの階段には、

    バイカラー(2色)の組み合わせを

    何パターンもディスプレイしている場所があるのをご存知ですか?

     

    もしハーフやグラフィカルなペイントが気になったときは、

    このパターンを参考にしてみてください♪

    また、カラーサンプルもたくさん揃っているので、

    実際に組み合わせてみるのも良いかもしれませんね!

     

    単なる仕切りとしてではなく、

    遊べる、表現できる場としての壁を

    みなさんのおうちにもぜひ取り入れてみてくださいね^^

     

     

    Staff.K