• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • 多様性とはエッグシェルのことなり☆FARROW&BALL

  • 多様性とはエッグシェルのことなり☆FARROW&BALL

  • 2017.5.20

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン受付中!

    ※5月はショールーム改装のため、お休みさせていただきます。

     ペイントの塗り方についてお聞きしたい方は、いつでもスタッフまでご相談ください。

    10時半~12時/お一人 1800円(税込)/要予約/予約状況など詳細はこちら

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ■C&Cフィニッシングアカデミー 7月以降のレッスン生を募集中!

    デザインコンクリート、特殊塗装、色、営業のノウハウを習得!詳細はこちら→★★C&C★★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです^^

     

    今日はFarrow&Ballのペイントのお話しを。

    とは言っても、Farrow&Ball独特のキメが細かく奥行き深い

    壁用のエステートエマルジョンやモダンエマルジョンのことではなく、

    建具用のエッグシェルのことなんです♪

     

     

     

     

     

    私たち自身も、ペイントをオススメするときは、

    インテリアでも面積の一番大きく、一番変化がわかりやすい

    「壁」の写真をご紹介することが多いのですが、

    塗料としての多様性のことを考えるなら、

    実はこの建具用のエッグシェルが一番活躍する場面が多いんです☆

     

    例えば、ドア。

     

     

     

     

    壁の色は変えてもドアはそのままという例が多い中、

    ここまで塗りきると、インテリアの表情がグッと引き締まってきます。

     

    ドアの色を変えると、

    平面としては壁や天井、椅子やラグなどと同じくらい、

    印象的なものに生まれ変わります。

    開けて閉めるだけの機能としてのドアではなく、

    インテリアの一部としてどんな役目を持たせるのか、

    そこをポイントに考えてみるともっとインテリアに深みが増してくるのです♪

     

     

    例えば壁とコーディネートしたいのなら、

    Farrow&Ballにはエッグシェルも全色揃っています^^

    壁のエマルジョン塗料と同じ色でドアも塗ることで、

    より広さを感じさせることもできますよね☆

     

     

     

    ちなみにツヤ感のレベルは「20%」。

    エッグシェルは卵の殻という意味ですが、

    実際には、上の写真のように色にもう少し光沢があるように思います。

    また、色の濃いものに関しては、さらにそのツヤ感は目立ってきます。

    このような光沢の照り返しはありますが、

    その分グロスが含まれているため、耐久性は抜群ですよ^^

     

    さて、このFarrow&Ballエッグシェルにはこんな使い方も♪

     

     

     

     

    そうです!階段なんです☆

    毎日触る手すりや蹴込み板部分など、よく手垢がついたり、

    足で蹴ってしまいそうな場所にも向いています。

     

    雑巾でゴシゴシこすっても研磨されにくい強度なので、

    ペイントであることを忘れてしまいそうなくらい、

    きっちり拭き取ることができるのも主婦としては嬉しいものですよね^^

     

     

     

     

     

    その他にも棚にも使われることができますし、

     

     

     

     

    何と言っても、水仕事や油がつく可能性が高い

    キッチン周りは欠かせない場所の一つです。

     

     

     

     

    キッチンパネルでよく見かけるような人工的なグロス感ではなく、

    Farrow&Ballのエッグシェルなら程よいツヤ感で仕上がるので、

    ナチュラルな質感や最近ではインダストリアルなインテリアを求めている方に

    使われる事例が多いようです。

     

     

     

     

    また、キッチンと合わせて使う方が多いのが「腰板」です。

     

     

     

     

     

    家のインテリアを守るため、

    更にはインテリアのポイントに取り入れることの多い腰板。

    少し前の時代なら、腰板というと無塗装で使われて

    カントリーやラスティックな印象のインテリアで使われていたりもしました。

     

    でもここ近年では、色をシックにすることでインテリアの趣きも変化し、

    腰板に対するイメージが以前と少し変わってきているように思います。

     

     

     

     

    例えば、下の写真など面白い例ですよ♪

    この空間の下の方にくる腰板に軽やかな印象の白を使うことで、

    上の壁のシックなグリーンや質感のあるソファとのバランスや対比が生まれ、

    一癖あるかっこいいインテリアとなっています☆

     

     

     

     

    こうした難しいインテリアの壁や腰板部分も、

    違和感なく調和させられるのは、Farrow&Ballならではと言えます♪

     

    他にも窓枠、テーブル、椅子、独立した棚、巾木、モールディングなど、

    見渡せばエッグシェルを使えるところがたくさん!

     

     

     

     

    どこに何を使って、どう調和させるのか。

    思ってもみない場所に壁と調和した色を使うことで、

    インテリアに自分らしさがグッと深まってくるのも

    また面白いものですよ♪

     

    もちろんFarrow&Ballなので匂いも全くせず、

    安全性も繊細なカラーも最高レベルです☆

    塗る場所自体は少ない場合が多いので、家族でトライするのもいいですね!

     

    この週末は、おうちでエッグシェルを塗ってみたい場所を探してみては?!

     

    ※画像はすべてヤマダタッケン様よりいただいたお写真です。

    ヤマダタッケン様、ありがとうございました!!!

     

    Staff.K