• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • 似ているようで、ちょっと違うアジアの色

  • 似ているようで、ちょっと違うアジアの色

  • 2016.1.16

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン受付中! 2月・3月は”親子割”☆≫

    1月日程  ⇒ 23日(土)・26日(火)

    2月日程  ⇒ 6日(土)・9日(火)・17日(水)・20日(土)・26日(金)

    3月日程  ⇒ 1日(火)・5日(土)・11日(金)・16日(水)・19日(土)・22日(火)

    時間 10時半~12時/通常1800円(税込)・親子割ではペアで2,000円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ※親子割・・・大人1人・小学生以下の子ども1人のペアで、2000円となります。

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです♪

     

    先日、海外へお仕事へ行っていた

    BOSSとスタッフの永井さんから写真が届きました☆

    ゴージャスなイルミネーションですが、

    さて、ここはどこでしょうか?!

     

     

    yakei-kirei-NO6

     

     

    右上の看板でわかっちゃったでしょうか??

    ここは、冬は東京よりももっと寒いお隣の韓国ソウル。

     

    今回は、お二人から色々写真が届いたので、

    気になったカラーの情報をご紹介しますね☆

     

    さて、韓国も中国も日本とほど近いアジア圏ではありますが、

    その色彩感覚はやはりちょっと違います。

     

    赤を好む中国、自然色やナチュラルな色を好む日本、

    そして、下の写真のディスプレイに使われているピンクのように、

    彩度が高めの色を好まれる傾向が強い韓国。

     

     

    pink-koria

     

     

    ほんの少し黄み寄りのビビッドなピンクと、

    高級感を醸し出すブラックの配色が、

    女性のパワーをイメージさせるディスプレイですね☆

     

    さて、今度は外に目を向けてみると、

    上層階にブルーの配色が使われているマンションが。

     

    よく見ると、下の方から上に向かって

    グラデーションになっているようです。

     

     

    sms-blue-sky

     

    sms-blue-sky2

     

     

    一番上の方の濃いブルーは、

    韓国ではサムスンカラーと言われているそうですよ!

    国を代表する企業のロゴのブルーが、

    固有の色名となっているとは凄いですね☆

     

    マンション自体は、

    青空になじむように色彩設計されているのでしょうね^^

    日本でもマンションなど大きな建物の外観が、

    自然に環境に馴染むよう、色彩計画が立てられ、

    取り入れられているものも見かけますが、

    こうして比較してみると、ベースカラーとの組み合わせ他、

    日本との違いが見られるのは面白いですね^^

     

    一方、街で立ち寄ったカフェでは、

    こんな可愛らしい紙コップで出てきたのだそうです♪

     

     

    cup-koria

     

     

    日本では、”シンプルシック=質の良さ”というイメージで、

    コーヒーのコップもシンプルでナチュラルなものが多いですが、

    韓国では細かいディティールにも、

    遊びやアクセントのあるものが多くあるようでした☆

    こんな可愛いコップで出てくると嬉しくなっちゃいますね♪

     

    さて、ちょっとずつ違う日本と韓国ですが、

    最近、じわじわときているのが、DIYペイント♪

     

    このペイント本もよく読まれているそうです!

    って、あれ??

    ハングルだけど、何か見たことある表紙・・・!

     

     

    paint-tec-b00k-koria

     

     

    そうです♡

    この下の写真が元々の本。

     

     

    カラーワークスで販売している帯つきの本

     

     

    カラーワークスでもおススメしている『Paint Technic Book』

    チャレンジしやすく、可愛いDIYペイントのネタが

    とっても豊富な本なのですが、

    中には、カラーワークスのペイントも使われていたりします。

     

    実は今、この『Paint Technic Book』は様々な言語に翻訳されて、

    いろんな国で出版されているんですよ♪

    カラーワークスのショールームECサイトで買えるので、

    ぜひ1冊お手元にどうぞ☆

     

    また、今回伺った先では、ペイントだけでなく、

    インテリアを楽しむアイテムのアロマキャンドルにも、

    色を楽しむアイデアが取り込まれているのを発見しました♡

     

     

    candle-aroma-kkcandle-aroma-k

     

    candle-up

     

     

    サークル型のいろんな色のキャンドルと、

    その真ん中に入れる芯の部分を組み合わせて楽しむのだそうです♪

    これだけたくさんのカラーバリエーションがあると、

    色選びが楽しくって、何時間でも居座ってしまいそうですね(笑)

     

    上のように、カラーやペイントにも、

    だんだんと興味を持ってもらえるようになってきたとは言え、

    日本も韓国も、まだまだインテリアの主流はビニールクロス。

     

    壁に色を付けることに抵抗がある方が多く、

    ペイントの色も、ホワイト系が人気なのだそうです。

     

    ちなみに、韓国のファッションなどはカラフルなものが多いですが、

    壁の色に派手な色を持ってくるのは、

    逆に、ナンセンスなイメージがあるそうですよ^^

    面白いですよね♪

     

    さて、下の写真は、

    BOSSの秋山千恵美が取材された記事!

     

     

    shuzai-chiemi-koria

     

     

    残念ながら、何と書いているのかは読めませんが(><)、

    私たちが伝えたメッセージは、日本でも韓国でも同じ。

     

    暮らしに色を取り入れることで広がるライフスタイル。

    何よりも心地いい自分らしい空間が、そこにはある。

    色が自分を変えてくれる。

    自分が変わると色も変わる。

    塗った後の空間は、コミュニケーションを生む。

     

    昔も今も変わらずに伝えたい、

    カラーワークスからのメッセージです。

     

    日本も韓国も、カラーについて思う気持ちは一緒。

    色のお仕事を通じて、

    面白いことができていったらいいなと思っています☆

    今後の展開に、こうご期待です♪

     

    Staff.K