• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • ホームデコレーター修了式 in KOREAとトレンドカラー

  • ホームデコレーター修了式 in KOREAとトレンドカラー

  • 2017.2.12,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ペイントレッスン受付中!壁の色をチェンジして、春を呼びこむインテリア♪

    2月日程    ⇒ 14日(火)・23日(木)

    3月日程    ⇒ 4日(土)・9日(木)・21日(火)

    10時半~12時/お一人 1800円(税込)/要予約/予約状況など詳細はこちら

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ■C&Cフィニッシングアカデミー 4月以降のレッスン生を募集中!

    デザインコンクリート、特殊塗装、色、営業のノウハウを習得!詳細はこちら→★★C&C★★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです♪

     

    韓国に行ったり、また日本へと迎えたりしながら、

    ホームデコレーターとなるべく

    たくさんのプログラムを受けてきた韓国の生徒さん達。

     

    先月末、とうとう修了式を迎えることとなり、

    BOSSとスタッフの永井の二人で、

    韓国のパートナー企業さんへと伺ってきました。

     

     

     

     

    当日は、BOSSから1時間半の最後のセミナーをしたのですが、

    その後半は質疑応答をメインに♪

     

     

     

     

    この修了式が終わると、

    皆さんいよいよホームデコレーターとして巣立つことになります。

    きっと不安に思っているところもありますよね^^

     

    例えば、カラーチャートで小さい色見本しかみていないけれど、

    大きな壁面に塗った時、色が違ってみえないか不安になる、

    と言ったことは皆さんが感じていたようで、

    前のめりでお話を聞いていらっしゃいました^^

     

     

     

     

    これは、場数を踏むのが一番ではあるのですが、

    自分でも日々訓練することはできます♪

     

    下の写真でBOSSがパネルにカラーチャートを当てていますが、

    気になる色に出会った時は、

    すぐにカラーチャートを当てて、

    「実際の見え」と「塗装色」の違いを比較してみるといいでしょう。

     

     

     

     

    BOSSがカラーの仕事をし始めた時、

    重いカラーチャートをいつもカバンに入れて持ち歩き、

    いつも気になるものの色にチャートを当てて、

    色を確かめていたそうです。

     

    これ、実際にKもやっていました。

    カラーチップのような小さい面積で見る色と

    部屋の真ん中あたりなど少し離れた場所から見る壁の色って、

    実は意外と色の見え方は変わってくるんですよね。

     

    これは、色の面積効果による目の錯覚によるものです。

    大きくなればなるほど、色は白に近くなっていくようにみえます。

     

    ちなみに、外壁の色だと、

    太陽光が直に間に入ってくるのでもっと変わってみえますよ。

    例えば、山の色が遠くに行けばいくほど、

    濃い緑ではなく、青っぽい色になっていくのはそのせいですね^^

     

    部屋の中においては、色選びに影響がありそうな

    色の面積効果や照明色、窓からの採光を考慮しながら

    選び取っていくことになります。

     

    そこでお話しの後は会議室を飛び出して、

    こちらの会社の壁に塗られている

    PANTONEの壁の色を実際に生徒さんでチェックしに行きました☆

     

     

     

     

    実際にズバリ当てていくのは、なかなか難しいことですが、

    自分が見た色とカラーチャートの色があってきているようなら

    高度な目になってきている証拠です。

    カフェや展示場などもよく見て、

    こうした作業を日々繰り返して、自主練を重ねていくといいですね♪

     

    また、他にもトレンドカラーの取り入れ方や気をつけた方が良い色、

    そして一番大切な「お客様とのコミュニケーション」についても

    じっくりとお話をさせていただきました。

     

     

     

     

    国を超えてのこのプロジェクトは

    私たちにとっても初めての取り組みとなりましたが、

    本当に良い機会となりました。

    数々のホームデコレーターの課程を修了した皆さん、

    おめでとうございます♪

     

    さて!最後に色についてひとつ。

     

    先ほど色のチェックをしに歩いていた廊下ですが、

    実はたくさんのPANTONEカラーが塗られています。

    その一角に、2016年と2017年のトレンドカラーが

    ペイントされている場所がありました。

     

     

     

    2色で1つとし、ジェンダーレスを反映させていた

    淡いブルー『Serenity』とペールピンク『Rose Quartz』が2016年のもの、

    左のフレッシュなグリーン『Greenery』が2017年の色です。

     

    穏やかさや落ち着きを感じる去年の色から、

    萌黄のようなグリーンへの移行。

    新鮮さや上へ前へ出るパワーを感じ、力が湧いてくるようですね♪

     

    実は去年発表されたFarrow&Ballの新色9色の中にも、

    こうしたグリーンが含まれています。

     

    No.287 Yeabridge Green

     

    ※ブラウザによっては色味が少しくすんで見える可能性があります。

     

     

    原点回帰というテーマのもとに、

    自然のグリーンを表現したYeabridge Greenですが、

    まさに今年の2017年のPANTONEと同じ視点を持っていました☆

     

    No.32 Cooking Apple GreenNo.81 Breakfast Room Greenをはじめ、

    Farrow&Ballのグリーン系は人気がありますが、

    この色は中でも割と鮮やかさのある力強い色だと思います。

     

     

     

     

    1年ごとに変わっていくトレンドカラーですが、

    ずっと愛せる色としてインテリアに取り入れることもできますし、

    好きな色との組み合わせを考えるのもいいでしょう。

     

    今回のYeabridge Green自然に近く、パワーをくれる色として

    インテリアに取り入れたい方は、

    サンプルなどぜひお問い合わせくださいね♪

     

    サンプルのお問い合わせはこちら → 問い合わせフォーム

     

     

    では、今年はぜひ素敵な緑のある毎日を♪

     

     

    Staff.K