• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • スタッフお気に入りの壁紙は?

  • スタッフお気に入りの壁紙は?

  • 2015.6.06,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ≪6月・7月のペイントレッスン≫ 大人気の『ペア割』の特典あり!

    6月日程 ⇒ 13日(土)・16日(火)・27日(土)

    7月日程 ⇒ 4日(土)・11日(土)・17日(金)・21日(火)・30日(木)

    時間 10時半~12時/通常1800円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ※ペア割・・・2名以上でご参加の方はレッスン料が”1500円/人”となる特典です。

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

     

    こんにちは、Kです!

     

    先日発表されたFarrow&Ballの新作コレクション

    皆さんはもうチェックされましたか?

     

    発表に伴い、東神田ショールームの2Fも、

    新しい3種類の柄を貼ってプチリニューアル!

     

     

    wDSC_6154

     

     

     

    おススメの壁紙の背景には、

    それぞれの色柄にマッチするFarrow&Ballのカラー

    ペイントされているので、ぜひその目で確かめてください♪

     

    さて!

     

    新しい壁紙にもワクワクしますが、

    1000種類以上の壁紙を揃えるFarrow&Ballの中で、

    カラーワークスのスタッフは、

    一体どんな壁紙がお気に入りなのか聞いてみたんです♪

     

    「えー!この人がこの壁紙を選んだのか!おもしろーい♡」

    などと、Kひとりでほくそ笑んでいるのもどうかと思うので(笑)、

    皆さんにもぜひご紹介しますね☆

     

    まずは、先日のFarrow&Ballの新作発表会では進行を務めた

    Farrow&Ball担当の最相さんから。

     

    彼女が選んだ壁紙は、牡丹が華やかに咲き乱れるPeony BP2317

    19世紀のジャガード織にみられるクラシックな花柄を

    現代風に優美な曲線でデザインした豪華な柄です。

    牡丹の花や茎に流れるような動きがあるので、

    柄は少し大きめですが、軽い印象を受けますね♪

     

    wDSC_6141 2317peony

     

     

    最相さんが選んだ理由は、

    「エレガント!甘すぎず、優雅な感じに惹かれた♡」のだそうです^^

    色系統もブルーが基本的に好みで、

    寝室の一面やウォークインクローゼット内の壁全面に貼りたいとのこと。

    ブルーは、心を落ち着けてくれる鎮静効果のある色なので、

    寝室にはもってこいですね!

     

    Web、プレスを担当している灰野さんは、どうでしょう?

    選んだ柄は、18世紀初頭の芸術的スタイルにインスパイアされ、

    エキゾチックな葉模様が印象的なOrangerie BP2503

    大胆な柄ですが、この柄だけで空間の雰囲気をつくれるので、

    広いリビングや魅せ壁を作りたい場所には、最適ですね!

     

     

     

    wDSC_61432503orangerie

     

     

    「エキゾチックで強さがあるのに

    ピンクや水色を合わせると空間が優しくなる。

    白の家具を置いて、夏は寒色系のファブリック、

    冬は暖色系のファブリックで空間を楽しみたい。

    寝室かリビングに使うのが理想!」という熱いメッセージを貰いましたw

    これ、とってもナイスな組み合わせをイメージしていて面白いです♡

     

     

    FB-Web-Pack-02

     

     

    Orangerie BP2503は重厚感を感じさせるデザインですが、

    柔らかく反射するベースのブラックに、

    色んな顔料が混ざってできたグレイッシュなカラーを柄色に使っているので、

    明るく柔らかいピンク系や水色系の色を持ってきても、あってしまうと言う。。。

     

    ハイレベルなテクニックですが、

    配色によって、意外性があって品のある優しい空間ができるなんて、

    やっぱり色の組み合わせって奥が深いです(*^^*)

     

    さて次は、今回紹介するスタッフの中では古株の佐々木さん。

    手に取った柄は、シンメトリーのダイヤ状のトレリスが美しいRanelagh BP1847

    新古典主義のエレガントなデザインで、

    真ん中の葉模様は日本の小紋のようにも見えるので、

    和室に使われることも多い柄なんですよ♪

     

     

    wDSC_61441847ranelagh

     

     

    佐々木さんがRanelaghを選んだ理由は、

    「幾何学模様が好きなことと、

    お花のような模様も甘くなりすぎていないところがすきです。

    ゴールドのプリントも気に入ってます。」とのこと。

     

    そうなんです☆

    写真じゃ少しわかりにくいかもしれませんが、

    柄の部分、極明るいゴールドが使われています♪

    見る角度や光が入る時間帯よっては、

    繊細な輝きをはなったり、落ち着いたグレージュのように見えたりと、

    空間を楽しませてくれますよ^^

     

    次は、経理や事務系を担当している金城さん。

    事務所内にいることが多いので、

    会ったことのない人も多いかもしれません!(レアキャラです☆)

    彼女が選んだのは、日本をイメージして作られたBamboo BP2119

    まっすぐに伸びる竹は、ストライプの効果もあるので、

    天井の高さをより高く見せたいスペースにぴったりですね^^

     

     

    wDSC_61472119bamboo

     

    選んだ理由は、ずばり「凛としているから!」。

    まさに竹を割ったような明快な理由!(笑)

    特にこれは、ブラック&ホワイトのメリハリある配色ですよね。

    普段お部屋の中に、モノトーンだけの組み合わせって中々ないので、

    非日常的な特別な空間を演出してくれそうですね!

    なので、おうちは勿論ですが、

    ビジネスやショップ、レストランなどにも◎ですよ☆

     

    最後にお話しを聞いたのは、

    ショールーム担当でペイントレッスンなども担当している渡邉さん。

    選んだ柄は、先日発表されたばかりのPaisley BP470

    18世紀のフレンチファッションで愛されてきた柄を

    Farrow&Ball流に生まれ変わらせた新作の壁紙です。

     

     

    wDSC_61494706paisley

     

     

     

    選んだ理由は、

    「ペイズリーの存在感があるのに柔らかさを感じる柄と、

    甘すぎないピンクとグレーのカラー」とのこと。

    落ち着きのあるピンクとグレーの配色は、

    本当に相性の良い組み合わせですよね♪

    選んだ壁紙の場合は、とくに中明度のグレーが印象的なので、

    ペイントのグレーの変わりとして、アクセントに使えそうですね☆

     

    いかがでしたか??

    他にも、Farrow&Ballを代表する大柄の紋様をあしらったものや、

    小花を散らしたクラシックなもの、

    まるで魚の鱗のような幾何学模様のもの、

    また、実は柄のない無地デザインのものまで、

    本当にデザインの幅が広いのがわかりますね♪

     

    また、壁紙にはFarrow&Ballのペイントが使われています。

    柄や地と同じ色を周りの壁にペイントするだけで、

    イメージが統一された素敵な空間をつくれるので、

    コーディネートしやすいのもポイントのひとつです♡

     

    ちなみに、先月公開したばかりの

    Farrow&Ballの日本版ブランドサイトでは、

    壁紙の柄を見ることができますし、

    壁紙のサンプルの請求やレンタルもして頂くこともできます♪

     

     

    kabegami

     

     

    私たちが大好きなFarrow&Ballの世界を

    皆さんにも身近に感じてもらえるように、

    ブランドサイトもどんどん更新していますよ☆

     

    まずは、どんな壁紙の柄があるのか、

    皆さんのお気に入りを見つけてみてくださいね♡

     

     

     

    Staff.K