• TOP

  • >
  • ブログ

  • >
  • スウェード2色で、上品なインパクトを。

  • スウェード2色で、上品なインパクトを。

  • 2015.10.17,

  • ★★★CHECK!! INFOMATION★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    ≪10・11月のペイントレッスン≫

    10月日程 ⇒ 24日(土)・28日(水)

    11月日程 ⇒ 7日(土)・11日(水)・21日(土)・26日(木)

    時間 10時半~12時/通常1800円(税込)/要予約

    ■お申込み・お問合せ/tel.03-3864-0810 担当:カラーワークス 渡邉・谷

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    こんにちは、Kです♪

     

    オープンして以来、何度となく顔を変えてきた

    東神田パレットショールーム4Fのパレットギャラリー。

    今年に入ってからも、

    全く異なる顔を皆さんにお見せしてきました。

     

    例えば、日本をテーマとした新作の壁紙と色で彩った

    シックなFarrow&Ballの『眠りの部屋』、

     

     

    nemuri-1w

     

     

    過去5年間のギャラリーの中で、

    一番カラフルな空間となった『COLOR OF ME!』。

     

     

    4f-kaijyou21-639x479

     

    ppty-9_Rww

     

     

    同じ空間ですが、この2つを比べるだけでも、

    全く違う空間に見えてきますよね^^

     

    実は先日、このパレットギャラリーの右奥の壁を

    更に塗り替えて、リビングをイメージした

    新しいスペースが誕生しました☆

     

    それが、こちら。

     

     

    完成写真w

     

     

    昔からあるソファやラグ、ストールなどの質感、

    使い込んだ椅子の温もりそのものが大切な要素となる

    トランジショナルな空間。

     

    それらをまとめているこの壁のペイントには、

    ブラッシュドスウェード(以下スウェード)を使いました。

     

    細かい砂のテクスチャーが入るペイントで、

    仕上げ時に刷毛目を入れることで繊細な陰影が生まれ、

    そのムラ感は、まるで革のスウェードの

    バックスキンのように見えるんですよ^^

     

    通常は、同色2回塗りで仕上げるペイントですが、

    今回は、ちょっと変則的に、

    スタッフが実験をしてみました♪

     

    なんとこの壁、

    1回目と2回目に塗った色が違うんです☆

     

    一色で塗っても、微妙な陰影が本当に綺麗なのですが、

    「もっともっと陰影が欲しい♡」というスタッフの欲望を

    『2色のスウェード』を重ねることで叶えてみました(笑)

     

    スウェードのカラー全24色から選んだ2色は、

    下のピンクの枠で囲んだ色です。

     

     

     

    b_tipww

    ・SW7153 下塗り(1回目)

    ・SW7152 上塗り(2回目/刷毛目を入れる方)

     

    まず、1度目のペイントを塗っていきます。

    テクスチャーペイントという特殊なペイントではありますが、

    ペイントの成分は水性ペイント。

     

    刷毛処理をした後は、

    いつもと同じように、前の壁の色の上に、

    そのままスウェードSW7153の深いブラウンを塗っていきます。

    ※使用ローラーは中毛ローラーですが、砂骨ローラーでも可。

     

     

    一度塗り中sw

     

     

    こうして乾燥させること1時間弱。

    前の壁の色は、もうすっかり見えません。

     

     

     

    す-一度塗完了

     

     

    もう、これで完成でいいんじゃ・・・

    と言いたくなるくらい1度塗りでも綺麗な仕上がりですが、

    スウェードは、ここからが本番!!

     

    2回目のペイントは、できればローラーで塗っていく人と、

    その後すぐに刷毛目を入れていく人の2人で作業すると、

    効率よく綺麗に仕上がります。

     

    今回は、ローラーがスタッフの佐々木さん、

    刷毛は、スウェードに初挑戦の灰野さんがチャレンジしました☆

     

     

    2人でペイントw

     

     

    一度目と同じように、

    中毛ローラーでペイントをしていった後、

     

     

    中毛でぬりぬりw

     

     

    乾かないうちに、追っかけて刷毛の灰野さんが

    大きくバッテンを描いたり、擦ったりしながら、

    刷毛目を入れていきます。

     

    この作業をする人は、たまにちょっとひいた位置から壁全体を見て、

    刷毛目のバランスをチェックしながら作業をしていくと良いですよ♪

     

     

    す-刷毛中w

     

     

    初めてのスウェードの塗装に、

    最初はとっても緊張をした灰野さんですが、

    やっているうちに、すぐに慣れてきたそうです☆

    下の濃い色も、思った通り、濃い陰影を作りだすことでき、

    ムラ感も作りやすかったとのこと。

     

    また、広い面積の壁に向いており、高級感も感じやすいペイントなので、

    書斎やリビングはもちろん、

    たくさんのお客さまが入ってくるおうちの玄関周りの壁などでも、

    上品なインパクトを与えていいかもしれません♪

    と言っていましたよ^^

     

    ちなみに、玄関など傷がつきやすい場所に使うときは、

    上からマットなクリア材を塗って、

    表面を保護してもいいかもしれませんね^^

     

     

    さて、そうして完成した上の写真を

    もう一度だけ見てみましょう^^

     

     

    完成写真w

     

     

    使い古したものでも、愛着を持って、

    ひとつひとつ意味のある物として存在する

    ラフな雰囲気のトランジショナルなリビング。

     

    人の手で直接刷毛目をつけた壁が背景にあることで、

    全体がまとまり、けしてラフ過ぎず、

    ウォームかつ品のある空間に仕上がりました♪

     

    私たちにとっても、新しい発見になったスウェード2色使い。

    今まで以上に、奥行きのでる演出ができるので、

    ベタ塗りのペイントだけでは物足りない方には、

    かなりおススメのテクニックです☆

     

    スウェードのサンプルは、

    カラーワークスのウェブサイトからも申し込めるので、

    ぜひ試してみて下さいね♪

     

     

    Staff.K