• FARROW&BALL 2021年トレンドカラー
    気分をあげる自然界の美しい色合い

  • 2021.1.17, ,

  • 2021年に入ってから半月が経ちましたが、コロナ禍の拡大により、

    家でお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

    昨年は、自分の意志に関わらず暮らし方を大きく変えなければいけない事態に、

    多くの方が戸惑いとともに過ごしてきましたが、

    今年に入り、より家でポジティブに過ごそうという声が大きくなっています。

     

     

    FARROW&BALL_No.293_Jitney_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL No.293 Jitney

     

    英国の最高級ペイントメーカー Farrow&Ballもそのひとつ。

    家に安らぎと親しみやすさをもたらし、混沌の世界の中で、落ち着きと休息を与えることを願い、

    2021年の4つの色系統からトレンドカラーを提案しています。

     

    Farrow&Ballのカラーキュレーター Joa Studholmeさんは、

    「今、私たちは多くの時間を自宅で過ごしているので、

    インテリアには自分の親しみやすいカラーを選ぶことが多くなるでしょう。

    私たちが提案する暖かく居心地良いカラーは、そうした状況にぴったり」だとし、

    今年は家に多機能を持たせることが重要だと説いています。

     

    それではさっそくこのトレンドカラーを家に取り入れるヒントをご紹介していきます!

     

     

    Rich & Warm hues

    豊かで暖かさを感じる色合い

     

    FARROW&BALL_No.297_Preference-Red_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL No.297 Preference Red

     

    2021年で注目するカラーパレットのひとつに、

    アースレッドやソフトブラウンなどのような自然にインスパイアされた

    暖かみのあるトーンの色があります。

     

    「困難な時期に、より住まいを豊かにし、外の世界とは別の

    居心地のいい空間を作る暖色系のトーンが求められています。

    上の写真の住まいで使われているNo.297 Preference Redのような高級感のある色は、

    穏やかでリラックスしたニュートラルカラーが揃う

    “一日の終わりにくつろぎたい部屋”に加えることができます。」とJoaさん。

     

    「ダークチャコールやダークブルーのような色から、

    No.W101 Deep Reddish BrownやNo.255 Tanner’s Brownのような

    もっと自然の暖かみのあるトーンへトレンドが移行してきていますが、

    これらの色は、強さと落ち着きがあり、また非常にファッショナブル。

    昼はシック、夜は心地よさをもたらし、

    グレード感と落ち着きのある雰囲気を演出してくれます。」とのこと。

     

    (左)No.297 Preference Red (中)No.W101 Deep Reddish Brown (右)No.255 Tanner’s Brown

    FARROW&BALL No.297 Preference RedNHM_No.W101_Deep Reddish BrownFARROW&BALL No.255 Tanner's Brown


     

    また、他のアースカラーと合わせることで、

    いろいろ考えさせられると共に心落ち着かせてくれる空間に。

    なお、この3つのチョコレートのような色は、ブックシェルフにおすすめだそうです!

     

     

    Clean and timeless blue

    すっきりとしたタイムレスなブルー

     

    FARROW&BALL_No.W29_Ultra-Marine-Blue_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL_No.281_Stiffkey Blue_2021_トレンドカラー


    FARROW&BALL  (左)No.W29 Ultra Marine Blue (右)No.281 Stiffkey Blue

     

    「近年インテリアカラーのトレンドとして人気の黒っぽいインキーブルーですが、

    今年も変わらず人気の色となるでしょう。

    キッチンやリビングをリフレッシュさせたい方はぜひブルーを」とオススメしています^^

     

    また「2021年には、生き生きとしたNo.220 Pitch Blue、フレッシュなNo.W29 Ultra Marine Blue、

    よりダークなNo.281 Stiffkey Blueのような、よりスッキリとしたトーンの色が住まいにピッタリ。

    これらのシンプルな色は、子供の頃を思い出のように親しみやすく、

    クールな色合いでいて、癒やしをもたらします」とのこと。

     

    (左)No.220 Pitch Blue (中)No.W29 Ultra Marine Blue (右)No.281 Stiffkey Blue

    FARROW&BALL No.220 Pitch blueFARROW&BALL No.W29 Ultra Marine BlueFARROW&BALL  No.281  Stiffkey Blue


     

    これらのブルーの色は、壁にも木工品とも相性がよく、

    よりフォーマルで伝統的な雰囲気にするなら、白やライトグレーの木工品とどうぞ。

    特に、明るく開放的な空間やオープンなアイランドキッチンなどのスペースでは、

    よりその効果を高めてくれるそうですよ!

     

     

    Natural greens

    ナチュラルグリーン

     

    FARROW&BALL_No.W56_Sap-Green_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL No.W56 Sap Green

     

    グリーンもここ数年続いているトレンドカラーのひとつですが、

    素朴で柔らかなグリーンを住まいに取り入れることで、

    自然と強く繋がり、1日の始まりをパーフェクトなものにしてくれるそうです。

     

    Joaさんは、自然の要素をインテリアに取り入れると

    「個人の成長を促すと共に穏やかさを感じさせる」のだそうです。

    大変な2020年を過ごしてきた私たちにとって、歓迎すべきニュースですね!

     

     

    FARROW&BALL_No.292_Treron_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL No.292 Treron

     

    また、どの部屋をグリーンに塗るか迷っている方に、このようなアドバイスも。

     

    「上の写真のトラディショナルなグリーンのNo.292 Treronなら、

    住まいに昔から塗っていたかのようによく馴染みます。

    また、Treronより少し青み寄りのNo.47Green Smokeは、

    魅力的な深みと色あせたような色味が親しみを感じさせてくれます。

    家に帰ると、まるで包み込んでくれるような、ソフトでスモーキーな色合いです。

    よりオリーブカラーの強いNo.W56 Sap Greenは、自然の恩恵も感じさせながらも、

    ミッドセンチュリーのモダンな雰囲気に強い色を取り入れたい方におすすめです。」

     

    (左)No.292 Treron (中)No.47 Green Smoke (右)No.W56 Sap Green

    FARROW&BALL No.292 TreronFARROW&BALL No.47 Green SmokeFARROW&BALL No.W56 Sap Green


     

    英国では、これらグリーンは廊下で人気の色です。

    それは廊下から一歩部屋に入ったら、よりその部屋を明るく広く感じさせるため。

    海外の方は、色の効果とテクニックをうまく使っているのですね!

     

     

    Earth colours

    アースカラー 自然の色

     

    FARROW&BALL_No.293_Jitney_2021_トレンドカラー

    FARROW&BALL No.293 Jitney

     

    アースカラーを使って、自然の美しさで住まいを彩りましょう。

    2021年は、暖かさを感じるウォーム系のカラーパレットに注目して、

    快適ながらも、自分らしい個性と上品さを住まいにプラス!

     

    「ソフトで控えめなNo.293 Jitneyは、ベースカラーとしてぴったり。

    キッチン下部の色に他のアースカラーを使い、Jitneyとカラーコーディネートすることで、

    土、空気、自然光といった自然要素との繋がりを感じることができるでしょう。」とJoaさん。

     

    また「No.28 Dead salmonのきのこのような色はJitney同様に繊細でいて素朴な色合いなので、

    親しみやすく、居心地の良さを感じさせてくれるでしょう。

    No.66 India Yellowはやや強めでムーディーな色で、熟成された使いやすさと

    モダンな強さがミックスされた2021年にピッタリの色合いです」とのことでした。

     

    (左)No.293 Jitney (中)No.28 Dead salmon (右)No.66 India Yellow

    FARROW&BALL No.293 JitneyFARROW&BALL No.28 Dead SalmonFARROW&BALL No.66 India Yellow


     

    さて、以上がFarrow&Ballが提案する2021年のトレンドカラーとなります!

    4つのテーマにわけて、それぞれでオススメの色をご紹介させていただきましたが、

    お気に入りの色は見つかりましたか?

     

    2021年は自然界の美しい色を取り入れて、

    ポジティブに過ごせる住まいづくりを楽しんで下さい。

     

    カタログ請求をいただけたら、Farrow&Ballの132色がすべてご覧いただけます。

    是非、カタログ請求をご依頼ください。 
    —————————————————

     

    Farrow&Ballのお問合せ ※Farrow&Ballブランドサイトに飛びます

     

     

    カラーチャートのご依頼はこちら