• TOP

  • >
  • お客様の声

  • >
  • テーマは植栽にあう男前&女性的な色
    インテリアの幅を広げた住まい

  • テーマは植栽にあう男前&女性的な色
    インテリアの幅を広げた住まい

  • インテリアの幅が格段に広がったと言うH様のDIYペイント。色を塗った壁をベースに植栽や雑貨との色の対比が美しいお住まいです。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

[選んだ色]

 

8851W_MotifMauve_G42・ピンク/Hip 8884M Moonstone Mauve

 

8534M_SolidGray_H10・ネイビー/Hip 8546N Sable Night

 

※ブラウザによって色の見え方が変わります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

今回、H様がDIYペイントをするにあたりまず決めたのは、2つのテーマ。

「ドライフラワーが映え、女性的」と選んだピンクは、

パープルにほど近いシックで柔らかなトーン。

「グリーン、生花、枝ものが似合い、男前」として選んだネイビーは、

太陽光があたる時間によってその印象が変わる繊細なダークカラー。

 

どちらの空間も、ご自分たちの家を思い切り楽しみ、

大切にされている様子が伝わってきます。

 

 

 

 

そんなH様のお住まいも、実は以前は白い壁に囲まれたお部屋でした。

下のピンクの色などは、無難な色にするかこの色にするかで迷われたそうですが、

思い切って選んで良かったとのことでした。

 

特に、壁を塗ったことでインテリアの幅が広がったそうで、

多少物が多めのインテリアでも、思い切った色にしたことで、

それらがしっくりと馴染むようになったのだそうです。

 

 


 

 

なお、住まいを楽しむH様のご家庭の様子が、

ご主人のInstagramでご紹介されていますが、

ペイントをした壁をベースに素敵なコーディネートが多く、

参考にしたいインテリアのアイデアがたくさん掲載されています。

 

 


 

 

ひとつひとつの色彩の対比も非常に美しく、

同じ壁の前ですが、季節によって植物やディスプレイを変えることで、

都度、空間の表情を色で引き立てている様がよくわかります。

 

 


 

 

取りかかるまでは少し腰が重かったというH様ですが、

数々の写真の通り、お部屋が一気に垢抜けたことやその後の満足度を考えると、

「DIYペイントはコスパがいい!」と感じられたそうです。

 

 


 

 

また、今回色を変える際に選んだHipについては、

色数や種類の豊富さと、ショールームで直接相談できる点のほか、

缶のデザインが可愛いかった、というお話もいただきました。

 

Hipの缶のデザインを気に入ってくださり、

こうして刷毛やペン立て、植木鉢、インテリアのディスプレイとして使う方が

多くいらっしゃるのは嬉しいことです!

 

 


 

 

なお、H様邸ではリビングダイニングの空間に留まらず、

バルコニーや食、フラワーに至るまで、暮らしの中で進化する色を楽しまれています♪

 

 


 


 


 


 

 

 

 

◎H様の素敵なライフスタイルをもっと見たい方は、Instagramをぜひご覧ください。

 

 

 

 

  • 氏名:

    H様

  • 家族構成:

    夫、妻、子供

  • 塗ったメンバー:

    ご主人